倍速再生ができる動画配信サービスdTV・U-NEXTを比較してみた。

動画配信サービス

 

「この映画名作らしいけど、再生時間が2時間以上あって見始めるのが億劫」

「このドラマ面白いって聞くけど、さすがに10クールもあると手を出しづらい」

あなたにもこんな経験がないでしょうか。

いまの時代、動画配信サービスを使うことで様々な作品を簡単に視聴できるようになりましたが、長時間の作品はどうしても後回しにしてしまいがち。そんなときは倍速再生機能を使って軽い気持ちで見始めてみるという選択肢もありです。

じつは、倍速再生機能が初めから備わっている動画配信サービスはあまり多くありません。

今回は倍速再生ができる動画配信サービス dTVとU-NEXT を比較してみました。



倍速再生について

dTVとU-NEXTには倍速再生が標準の機能として備わっています。倍速再生中でも字幕や音声は流れます。

  dTV
U-NEXT
倍速再生
速度
1 / 1.5 / 2 (倍速)
(アプリからのみ利用可)
0.6 / 1 /
1.4 / 1.8 (倍速)

個人差はありますが、日本語音声の場合、1.8倍や2倍だと一部聴き取りづらい言葉もあり、とくに聴き慣れない人名や専門用語などが入ってくるとわからなくなってしまうことも。

字幕の場合、字幕が読み切れないというシーンはあまりなく、スムーズに視聴できたので、海外ドラマの場合は字幕での視聴がおすすめです。

「とりあえず、おおまかなストーリーが分かればよい」という場合は、1.8倍速や2倍速でも問題ありません。アクションシーンは何が起きているのかわからなくなることもあるので、等速に戻したり、10秒巻き戻しボタンなどを活用しましょう。

U-NEXTの場合、低倍速(0.6倍)で再生することもできます。英語や韓国語の勉強に活用できるほか、激しいアクションシーンを低倍速で再生することで意外な発見があったりするので、何度も見た作品でも新しい楽しみ方をすることができます。

 

dTV・U-NEXT ともに、スマホやタブレットにダウンロードしてオフラインで作品を視聴できる「ダウンロード機能」があります。

dTVはダウンロードした作品であっても倍速再生が利用できたのに対し、U-NEXTではダウンロードした作品では倍速再生が利用できませんでした。事前にダウンロードして移動中や外出先で利用しようと考えている場合は注意が必要です。

 

倍速再生は以下のような作品の視聴で有効活用できます。

  • 作品の再視聴
    過去に見た作品をもう一度サクッと見直したいときは、倍速再生ができると便利。
  • 長編映画・ドラマ・アニメ
    やはり、視聴が長丁場になる作品には倍速再生が効果を発揮することが多いです。「長くてしんどそう」と視聴をためらっていた作品を倍速再生でサクッと視聴してしまうのもあり。
  • ドキュメンタリー
    映像よりも情報の収集がメインとなる作品の場合、倍速再生を使えば効率よく視聴できます。
  • 配信終了が近い作品
    配信終了が近いので、見ようか迷っている作品がある場合、倍速再生でとりあえず見ておく、というのもひとつの手段です。dTV・U-NEXTともに配信終了の近い作品をリストアップすることができます。
    dTVの場合、「検索」→「もうすぐ終了するタイトルから探す」をタップすると、配信終了の近い作品が表示されます。

    .
    U-NEXTの場合、各ジャンルの作品一覧画面にある右上のタブから「もうすぐ終了順」をタップすると配信終了の近い順に並び替えできます。

倍速再生の利用方法

dTV

アプリで再生画面左下の「歯車マーク」を押すと、再生速度を変更できます。

U-NEXT

アプリの場合、再生画面右下の「…マーク」を押すと、再生速度を変更できます。

PCの場合、再生画面右上の「歯車マーク」を押すと、再生速度を変更できます。



dTVとU-NEXTの比較

  dTV
U-NEXT
月額料金(税込) 550円 2,189円
無料トライアル 31日間 31日間
見放題作品数 12万本以上
(カラオケ音源含む)
14万本以上
(レンタル作品は約2万本)
オリジナル作品 あり あり
画質の変更 (アプリのみ)
(自動 / HD /
すごくきれい / きれい)

(自動 / 高画質 /
低画質 / 最低画質)
ダウンロード機能 あり あり

※:アプリの場合、再生画面からではなく、トップメニューの「プレーヤー設定」から行ないます。

 

各ジャンルの配信作品数の目安は以下の通りです(2019年10月時点)。

  dTV U-NEXT
洋画 約2,500本 約5,500本
邦画 約1,000本 約3,400本
海外ドラマ 約700作品 約900作品
国内ドラマ 約300作品 約1,100作品
 韓流・アジア 約500作品 約1,000作品
アニメ 約250作品 約2,500作品
アニメ (劇場版) 約330本 約500本
ドキュメンタリー 約40本 約700本

いずれの動画配信サービスでも、会員なら無制限で視聴できる「見放題作品」と別途課金が必要な「レンタル作品」があります。

 

U-NEXTはdTVと比べて料金が高めですが、見放題作品14万本以上という膨大なラインナップのほかに、以下のような特徴もあります。

  • 70誌以上の雑誌が読み放題
  • コミックなどの電子書籍も取り扱っている
  • 毎月1,200ポイントがもらえる (有料会員のみ)
  • 無料トライアルで600ポイントもらえる
  • ひとつの契約でアカウントを4つまで登録できる

ポイントはレンタル作品の視聴に利用できます(1ポイント=1円相当)。

作品検索について

dTVは、表示された作品一覧を「人気順」「新着順」「評価順」に並び替えできます。

また、動画再生中に表示されるキーワードタブから、様々なジャンルを細かく選ぶことができます。


(画像はPCからのものですが、アプリからでも可能です)

 

U-NEXTは、表示された作品一覧を「ランキング順」「製作年の新しい・古い順」など細かく並び替えできます。

まとめ

動画配信サービスのdTVとU-NEXTには、初めから倍速再生機能が備わっています。

どちらの動画配信サービスも、会員でなくても配信作品を確認できるので、自分の見たい作品があるか検索してから登録することもおすすめです。

  • 昔見た懐かしい作品をもう一度サクッと見直したい
  • 気になっているけど、長くて見るのを躊躇している作品がある
  • 話題作らしいからとりあえず見ておきたい

こんな作品があったなら、倍速再生も有効活用してみてください。軽い気持ちで見始めたらドップリはまってしまい、「見ておいてよかった」と言える作品に出合えますよ。

 

>>dTV公式サイトはこちら

 

>>U-NEXT(ユーネクスト) 公式サイトはこちら

U-NEXT