稲葉篤紀が日本ハムGMに就任。年齢や大学など【プロ野球】

2021年10月25日、プロ野球・日本ハムのGM(ゼネラルマネージャー)に、東京オリンピックで野球の日本代表監督を務めた稲葉篤紀氏が就任することが決まりました。

稲葉篤紀氏の年齢や大学など

稲葉篤紀氏は1972年生まれの49歳。1994年、法政大からドラフト3位でヤクルトに入団し、2005年に日本ハムに移籍。翌年の日本ハム44年ぶりの日本一に貢献しています。

個人のタイトルでは首位打者に輝き、2012年には史上39人目となる通算2000本安打を達成しています。

2014年に現役を引退。日本ハムでスポーツ・コミュニティ・オフィサーを務めていました。

2017年に日本代表の監督に就任。東京オリンピックで金メダル獲得する実績をあげました。

(参考:NHK NEWS「稲葉篤紀氏 プロ野球 日本ハム ゼネラルマネージャーに就任へ」

 

現在のGMである吉村浩氏は、兼務しているチーム統括本部長職に専念する見通しとなっているとのこと。

日本ハムは栗山監督が今季限りで退任を予定しており、新監督には新庄剛志氏の就任が最有力と言われています。

(参考:スポニチアネックス「稲葉氏、日本ハムGMに就任へ 栗山監督が今季限りで退任、新監督には新庄剛志氏が有力」

 

 

この記事の情報は2021年10月時点のものです。