【防災グッズ】災害時にまずは3日間の蓄えが大切なワケ。販売されているセットには何が入っている?

その他

 

地震、津波、台風、豪雨 など、災害の被害をニュースで耳にする機会が本当に多くなりました。

いままで被災したことがなくても、この先の人生で いずれの災害にも絶対に巻き込まれない、と断言できる人生は存在しませんよね。

備えあれば憂いなし ということわざがあるように、何事でも備えておくことが大事。

まずは3日間だけでも生き延びられるような防災グッズを用意しておくことがとても大切です。

災害時に必要なものを、販売されている防災セットを参考にまとめてみました。



まずは3日間の備蓄が大切

内閣府は大型災害に備え、食糧や水など少なくとも3日分の備蓄をしておくことを推奨しています。(参考:内閣府 地区防災計画 (pdfファイル))

震災直後は行政も即座に対応できず、どうしても支援に遅れが生じがちです。

また、人命救助には「72時間の壁」というものが存在します。

がれきの下敷きになっているなどで緊急の救助が必要な被災者は、災害の発生から72時間(3日間)が経つと急激に生存率が下がると言われています。

こうした事情から、災害後の3日間は捜索や救助が優先され、水や食料、毛布といった支援物資の到着は遅れることが予想されます。

そのため、最低でも3日間は一人であっても生き延びることができるように備えておくことがとても大切なのです。

3日間で最低限必要なものって何?

いざ防災セットをまとめようとしても、まずは何を揃えればよいのかわからないものです。

日本気象協会の防災サイト「トクする!防災」のリストをもとに、最低限必要なものをまとめてみました。

 

3日間過ごすために最低限必要なものの例

水・食料 飲料水 (目安:1日3L)

アルファ米

レトルト食品

缶詰

栄養補助食品

など

補助用品 給水タンク/給水袋

カセットコンロ・ボンベ

マルチツール
(ナイフ・缶切りなど)

清潔品 簡易トイレ

トイレットペーパー

ティッシュペーパー

ビニール袋・ゴミ袋

ウェットティッシュ

常備薬・市販薬

救急箱

日用品 衣類・下着

懐中電灯

乾電池

ライター/点火棒/マッチ

ロープ

ガムテープ

軍手

情報 手回し充電式ラジオ

スマホ/ケータイの
予備バッテリー

その他
必要な場合
メガネ (老眼鏡)

コンタクトレンズ

生理用品

粉ミルク/離乳食

おむつ/おしり拭き

入れ歯洗浄剤

おかゆなど (高齢者用)

お薬手帳

参考:日本気象協会 トクする!防災 備蓄品はこれが必要



必要なものを販売されている防災セットで確認してみよう

ひとつひとつ買い揃えていくのが面倒な場合は、販売されている防災セットを購入するというのもおすすめです。

たとえば、ディフェンドフューチャー 防災セット (1人用 Relief) は、5万個以上の売り上げを誇る人気商品です。

ディフィンドフューチャー

 

災害時に3日間生き抜くことに重点を置き、防災士が厳選した以下のような非常時に役立つグッズが含まれています。

  • ダイナモLEDラジオライト
  • エアーマット、アルミブランケット
  • 飲料水、レトルト食品
  • ウォータータンク
  • 簡易トイレ
  • 携帯 洗たくパック、からだふきティッシュ
  • 救急セット

__ほか合計39種類44点

 

5年間の保証がついているのも特徴です。


出典:ディフェンドフューチャー 公式サイト

 

内容物を参考に、災害時に必要なものをそれぞれ確認してみましょう。

ライト・ラジオ

災害により停電してしまった場合は、灯りの確保が第一です。

ダイナモ(発電)ライトは手回しでも充電できるので、災害時の強い味方になります。

ディフェンドフューチャーの防災セットに付属しているダイナモライトは、懐中電灯として使えるほか、展開すればスタンドとして利用できます。重さは約400g。


出典:ディフェンドフューチャー 公式サイト

「灯りが必要なら小型の懐中電灯で充分じゃないの?」と思うかもしれませんが、災害時は地図やガイドブックを確認したり、手元で細かい作業が必要になったりと、両手が塞がってしまうことが多いです。

スタンドライトにはLEDライトが12個もついているので、かなりの明るさを確保できます。

充電方法は 手回し、USB接続、太陽光(ソーラー) の3通り。

手回し充電はあくまで緊急時の手段であり、少量の充電しかできませんが、「どんな時でもとりあえず灯りが手に入る」という安心感はかなりのものです。

灯りの確保は状況の把握のみでなく、気持ちを落ち着かせるという意味でもとても大切です。

そして、このライトのミソは、手回しでも発電のみならず充電もできるということ。

ダイナモライトには手回ししているときだけ発電する、というものも多くあります。

充電できれば長時間の利用にも適しているので、災害時の利用を考えているのなら充電できたほうが安心です。電池残量はランプで確認できます。

 

このダイナモライトにはラジオ機能もついており、ポイントは FM/AM どちらのラジオも受信できること。

FM放送は、音質がいい分、電波が届く範囲は狭く、AM放送は音質が劣りますが、電波が広範囲に届くという特徴があります。(参考:毎日新聞 コトバ解説)

大規模災害時は、電話・インターネットなどの通信環境は使えないと想定したほうがよいでしょう。そんなとき、ラジオは最新情報を確認する重要な手段になるため、広い範囲に届くAMラジオも聞けたほうが良いに越したことはありません。

ほかにも、スマホをUSBケーブルでつないでスマホの充電ができたり、サイレンを鳴らす機能があるなど、このライトひとつでも行動・生存の幅がグッと広がります。

エアーマット

非常時であっても、それなりの睡眠の質は確保しておきたいところ。

普段、ベッドで寝るのが当たり前の生活をしていると、硬い床や地面の上で寝ようと思っても寝られません。

空気で膨らますタイプのエアーマットなら、普段は空気を抜いて丸めておけば邪魔にならないのでおすすめです。


出典:ディフェンドフューチャー 公式サイト

このエアーマットは厚さ最大5センチまで膨らますことができます。

アルミブランケットも付属しているので、ふとん代わりに使うのもいいですね。

避難時は必ずしも屋内に避難できるとは限りません。津波のときは山や丘に避難することもありますよね。雨が降っていて地面がぬかるんでいるかもしれません。「エアーマットがあるから、とりあえず寝場所は確保できる」という安心感はかなりのものですよ。

水・レトルト食品など

水はペットボトル 500ml×4本 の合計2リットル入っています。

保存期間は5年間と、市販されている天然水よりもずっと長く保存できるので、非常用の備蓄としてはぴったりです。


出典:ディフェンドフューチャー 公式サイト

災害時に必要な飲料水の目安は、一人あたり一日3リットルとされています。(参考:内閣府 地区防災計画 (pdfファイル))

3日間だと一人当たり9リットルが必要なので、2リットルのペットボトルの水もいくつか常備しておくと安心です。

食料は

  • アルファ米 3種類の味 x 1食
  • レトルトカレー x 1食
  • ようかん x 6本

が入っています。

普通のご飯は、乾燥して硬くなっている状態でお湯や水を注いでもぐちゃぐちゃになってしまいますが、アルファ米はお湯や水を注ぐとふっくらとしたご飯の状態に戻ります。(参考:尾西食品 公式サイト)

災害時用のレトルトカレーは、温めなくても食べられ、長期保存もできるようになっています。

ようかんは 高カロリー、高糖分、すぐに食べられる、長期保存ができる など、まさに非常食としてはぴったりの食べ物です。登山に持っていく人も多いですね。

この防災セットに入っている食料品は3日間だと足りないので、保存の効くものを常備しておく必要があるでしょう。

普段から少し多めに蓄えておき、日常生活で使ったらまた買い足すというローリングストックを活用すれば、食糧や水などの消耗品も鮮度を保つことができるのでおすすめです。


出典:トクする!防災 (日本気象協会)

ウォータータンク

水といったら飲料水の確保が第一ですが、生活用水としての水も必要です。

災害直後に水道が使えても、安心してはいけません。

しばらくしてから断水することはよくあるので、普段からお風呂に水をためておくなどして、生活用水の確保を心がけ、災害直後でも水が出る場合は、ウォータータンクなどに水をためておくとよいでしょう。

潰せるタイプのウォータータンクなら、持ち運びが容易で、家を離れることになっても外で水を補充できるので便利ですね。

簡易トイレ

トイレも災害時には深刻な問題となります。食事やお風呂は我慢できても、トイレは我慢できません。

断水していたら水が流せないので、トイレを使えなくなってしまいます。

簡易トイレがあれば、排せつ物をゴミとして処理できるようになります。


出典:ディフェンドフューチャー 公式サイト

 

避難先では、トイレに長い列ができていてなかなかトイレに行けないなんてことも。

慣れない環境下で体調を崩すことも考えられるので、バッグにオムツや予備の下着 なども入れておくと安心です。

この防災セットには目隠し用のポンチョも入っているので、着替えやトイレの際に利用できます。

携帯 洗たくパック

携帯 洗たくパック(洗剤つき) を使えば、わずかな水でも簡単な洗たくができます。

とくに夏場は汗をかくので、下着やタオルの洗たくにいいかもしれません。

救急セット

ディフェンドフューチャーの救急セットには、応急処置に必要なものはだいたい揃っています。


出典:ディフェンドフューチャー 公式サイト

 

災害時はストレスや環境の変化で体調を崩しやすくなるので、風邪薬や胃腸薬なども常備しておくとよいです。

その他

ディフェンドフューチャーの防災セットには、その他さまざまなものが入っています。

・歯ブラシ
・マスク
・からだふきシート
・防災マニュアル
・軍手
・ホイッスル
・ロープ
・ラップ
・紙皿
・レインコート

など。詳しい内容物は 公式サイト で確認できます。

 

必要最低限のものは揃っていますが、このほか、個人的にあったほうがいいと思ったものをピックアップしてみました。

タオル

汗を拭いたり、濡らして患部を冷やしたりと様々な使い道があります。小さいタオルでも入れておいたほうがよいでしょう。

スリッパ

震災時に食器やグラスが割れてしまった場合、床に陶器やガラスの破片が散らばっており、大変危険です。

足のけがは、一刻を争う避難行動の際はとくに致命的なものになるので、スリッパもリュックに入れておくとよいでしょう。防寒・保護用に厚手の靴下もあれば安心です。

キシリトールガム

歯ブラシがあっても、しばらく歯を磨けないという事態も起こりえます。何日も歯を磨けなかったら気持ち悪いですよね。そんなときはガムを噛んでおけば、少しは気休めになります。

新聞紙

床に敷く、防寒対策、着火剤 など様々な使い道があります。

比較

上記の「3日間過ごすために最低限必要なものの例」とディフェンドフューチャー防災セットの内容物を比較してみました。

 

3日間過ごすために
最低限必要なものの例

ディフェンドフューチャー
防災セット 内容物

水・食料 飲料水 (目安:1日3L)

アルファ米

レトルト食品

缶詰

栄養補助食品

など

▲ (500ml x 4本)

▲ (3食分)

▲ (1食分)

×

▲ (ようかん x 6本)

.

補助用品 給水タンク/給水袋

カセットコンロ・ボンベ

マルチツール
(ナイフ・缶切りなど)

×

×
.

清潔品 簡易トイレ

トイレットペーパー

ティッシュペーパー

ビニール袋・ゴミ袋

ウェットティッシュ

×

×

×

〇 (からだふきシート)

常備薬・市販薬

救急箱

×

 (ばんそうこう・包帯など)

日用品 衣類・下着

懐中電灯

乾電池

ライター/点火棒/マッチ

ロープ

ガムテープ

軍手

×

×

×

×

情報 手回し充電式ラジオ

スマホ/ケータイの
予備バッテリー

×
.

参考:日本気象協会 トクする!防災 備蓄品はこれが必要ディフェンドフューチャー 公式サイト

 

その他の内容物はディフェンドフューチャー 公式サイト で確認できます。

まとめ

販売されている防災セットを参考に、災害時に必要なものをまとめてみました。

防災セットの推奨重量は男性15キロ、女性10キロ以内とされています。(参考:アットレスキュー公式サイト)

人それぞれで体力の違いがあるので、防災セットを揃えたら、実際に背負って自分に合った重量に合わせるのがよいでしょう(ディフェンドフューチャーの防災セット (1人用Relief)の総重量は約5.5キロ)。

災害時は100%の力を出せない場合があることも考慮しなくてはなりません。

 

防災セットはいざというときの災害に備えるものですが、置いておくことで、毎日の平穏な日々の暮らしにもちょっとした安心感を与えてくれます。

「もし明日突然、電気・水・ガスが止まったとしても、防災セットがあるから3日間はなんとかやっていける」

こうした安心感を得ることができるので、防災セットを準備しておくことはまさに一石二鳥と言えます。

人によって必要なものは違ってきますから、自分で防災グッズを買ってきていちから準備するのもよいですし、面倒な場合はとりあえず販売されている防災セットを買って、あとで必要だと思ったものは足していけば、あなただけの特別な防災セットが出来上がります。

 

ディフィンドフューチャー

 

 

ほかの防災セットの内容物と比較してみました。

防災セット3点の内容物を比較してみた。値段による大きな違いはなに?
いざというときのための防災セットは様々なものが販売されており、値段にも大きく幅があります。市販されている防災セットは意外と種類が多く、値段や内容物もバラバラで、いざ買おうと決めていても迷ってしまいがち。比較しようにも...