秒速5センチメートルの聖地はマツコの知らない世界でも紹介。踏切や岩舟駅が有名【聖地巡礼の世界】

2022年8月2日に『マツコの知らない世界 アニメ聖地巡礼(あにめせいちじゅんれい)の世界』が放送されます。ゲストは鯛さん、刑部慶太郎さん、軟軟冰(ビンビン)さんの3名。

予告動画には新海誠(しんかいまこと)監督の『秒速5センチメートル』の映像も映っていました。

この作品は、踏切のシーンが有名です。このほか、栃木県の岩舟駅(いわふねえき)や種子島(たねがしま)も作品の舞台となっています。

 

※この記事では、番組の告知から放送される情報を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。



秒速5センチメートルの聖地はマツコの知らない世界でも紹介。踏切や岩舟駅が有名

『秒速5センチメートル(びょうそく5せんちめーとる)』は、2007年に公開された新海誠監督によるアニメ映画。『桜花抄(おうかしょう)』、『コスモナウト』『秒速5センチメートル』の3部作構成となっています。あらすじは以下の通り。

小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。

そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く……。

貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨(ほうこう)を切り取った表題作「秒速5センチメートル」。3本の連作アニメーション作品。

(出典:秒速5センチメートル 公式サイト ストーリー

 

『秒速5センチメートル』といえば、踏切のシーンが有名ですが、新海監督のツイートによると、東京都渋谷区にある参宮橋駅(さんぐうばしえき)近くの踏切をモデルにしているとのこと。

 

 

このほか、栃木県の岩舟町(いわふねまち)や種子島(たねがしま)も舞台として登場します。

新海監督は岩舟町を舞台に選んだ理由について、”東京からの距離感と、「岩舟」という名前の響きが素敵だったのと、駅前の佇まいで選ばせていただきました”と語っています。

 

そんな岩舟駅も『秒速5センチメートル』の聖地のひとつとして、ファンから愛されています。