秩父(ちちぶ)のメープルシロップは通販でお取り寄せできる?値段は?【MAPLEBASE(メープルベース)】

観光地として有名な埼玉県の秩父(ちちぶ)市。秩父の森林には多くのカエデ類が自生しており、メープルシロップ(メイプルシロップ)が生産していることはあまり知られていません。

秩父のメープルシロップの特徴やAmazonなどで購入(お取り寄せ)できるのか調べてみました。

 

ちなみに、2020年11月10日に「マツコの知らない世界」 (TBS)でメープルシロップの世界が放送されるので、メープルシロップに興味があるのなら、要チェックです。



秩父(ちちぶ)のメープルシロップは爽やかな甘さが特徴

埼玉県の秩父(ちちぶ)では、自生しているメープルの樹液を使ったメープルシロップも生産されています。

秩父では5種類の楓(カエデ)から樹液を採取しており、楓を植えてから、樹液が採れるまでには15年~20年かかるのだとか。

楓の樹液の採集は2月から3月にかけての数週間でおこなわれます。

秩父の山の滋養によって、カナダ産にはないカリウムやカルシウムといったミネラルを多く含んでいるといいます。

 

参考として、「秩父ミューズパーク」内にあるカフェ「MAPLE BASE(メープルベース)」での秩父産メープルシロップの値段は3,240円でした。(完売次第販売終了)
ONESTORYの記事より。2017年の情報)

 

「MAPLE BASE」では、秩父の森で採れたカエデの樹液やメープルシロップを使ったさまざまなメニューを提供しています。

メニューや販売されている商品は、以下の記事で詳しく紹介されています。

>>秩父の豊かな自然に包まれたカフェ「MAPLE BASE」でふわふわパンケーキを(ことりっぷ)

 

 

「MAPLE BASE」を運営している「TAP&SAP」代表の井原愛子さんによると、秩父産メープルシロップの特徴は、爽やかな甘さと黒糖に似た風味で、輸入物に比べて日本人好みの味だということです。

 

<参考>
秩父の森のメープルシロップ|たったひとつを叶える旅(TABIZINE)
森を本来あるべき姿に戻したい。[TAP&SAP/埼玉県秩父郡](ONESTORY)

秩父のメープルシロップはAmazonや楽天市場でお取り寄せできるのか

秩父のメープルシロップを Amazon(アマゾン)楽天市場Yahoo!ショッピング で調べてみましたが、取り扱いはありませんでした(2020年11月時点の情報)。



メープルシロップのお取り寄せ(通販)なら、ギャニオンがおすすめ

メープルシロップを通販でお取り寄せしたい場合は、ギャニオンというお店のメープルシロップがおすすめです。

ギャニオンは札幌にあるメープルシロップ専門店ですが、ヤフーショッピングにはギャニオンの公式ショップがあります。


画像出典:Yahooショッピング

 

メープルシロップは ゴールデン、アンバー、ダーク といった種類が販売されています。
(めーぷるしろっぷは採取された時期によって、グレード(種類)が分かれています)

メープルシロップのほか、以下のような商品も販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

  • メープルサブレ
  • メープルアップルパイ
  • メープルゼリー
  • メープルジンジャーシロップ
  • メープルリキュール(蒸留酒)
  • メープルしそ南蛮
  • メープルギフトセット

 

(上記は2020年11月時点の情報です。取り扱い状況や値段などは変動する場合があります)