【マツコの知らない世界】ドーンオブザデッドのストーリーや興行収入は?【ゾンビビジネスの世界】

2016年に「マツコの知らない世界 ゾンビビジネスの世界」が放送されました。ゲストは有井エリスさん。

放送では、第1次ゾンビブームの火付け役として、映画『ドーン・オブ・ザ・デッド』も紹介されました。

『ドーン・オブ・ザ・デッド』のストーリーなどが気になったので、調べてみました。

(2021年2月16日放送の「オカルトSP」でも「ゾンビビジネスの世界」の一部を放送予定です)



ドーン・オブ・ザ・デッドのストーリー

『ドーン・オブ・ザ・デッド』(邦題:『ゾンビ』)は、1978年にイタリアで公開された映画(日本での公開は翌年)。

監督は”ゾンビ映画の父”とも言われるジョージ・A・ロメロ。監督は『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968年)において、

  • 死者が蘇って生者の肉を喰らう
  • 噛まれた者もゾンビになる
  • 脳を破壊されるまで動き続ける

というゾンビの新たな定義を生み出し、それまでの”悪役に操られる奴隷的存在”というゾンビのイメージを塗り替えました。

<参考> ゾンビ 日本公開40周年 日本初公開復元版

 

『ドーンオブザデッド』のおおまかなストーリーは以下の通り。

  • 死者がゾンビとして復活した世界で、主人公たちがショッピングモールに逃げこむ
  • モール内にいたゾンビたちを排除し、安堵しているところに物資を求めて暴走族が乱入
  • 主人公・暴走族・ゾンビの三つ巴の戦いが繰り広げられる

<参考> ゾンビ 日本公開40周年 日本初公開復元版

 

当時の興行収入は約55億円だったとのこと。

<参考> テレビドガッチ:世界中にゾンビが溢れている…『マツコの知らない世界』が特集

 

2019年には、日本公開40周年を記念し、日本初公開復刻版というものが劇場公開されていたようです。

映画「ゾンビ-日本初公開復元版-」本予告

動画出典:zaziefilms(Youtube)

 

2004年にはアメリカでリメイクもされました。

 

主要動画配信サービスのAmazon(プライムビデオ)・U-NEXT・Hulu・dTVで、『ドーン・オブ・ザ・デッド』(1978年版)の配信状況を調べてみましたが、いずれのサービスでも配信はされていませんでした。(2021年2月時点の情報です)



ゾンビ映画を見るならU-NEXTがおすすめ

動画配信サービス(VOD)でゾンビ映画を見るならU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTは20万本以上の動画が見放題。初回登録なら31日間無料。無料期間中に解約すれば料金は発生しません。600円相当のポイントがもらえるので、レンタル(課金)作品も視聴できます。

ゾンビ映画では、『バイオハザード』シリーズやB級ゾンビ映画まで幅広く配信しています。U-NEXTに登録していなくても、配信作品をチェックできるので、気になる方は以下のリンクよりどうぞ。

(配信状況は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトで確認をお願いします)

 

 

 

U-NEXT