どこでもバンジーVRは何歳からOK?マツコの知らない世界ゲスト・野々村さんが開発した新感覚バンジー

「どこでもバンジーVR」は、『マツコの知らない世界 バンジージャンプの世界』(TBS系列)にもゲストとして出演した野々村哲弥さんが開発した新感覚のバンジージャンプです。

2022年5月現在、東京タワーで体験できます。VRゴーグルと倒れこみ型装置の組み合わせにより、本当に落下しているかのような臨場感のあるバンジージャンプを都心にいながら体験できるのが特徴です。

どこでもバンジーVRは、マツコの知らない世界にも出演した野々村さんが開発

「どこでもバンジーVR」は、バンジージャンプに魅了された男性・野々村哲弥さんが会社を立ち上げて作った新感覚のバンジージャンプ装置。メディアでもたびたび紹介されているいま注目のアトラクションです。

FMラジオ業界で働いていた野々村さんは、最も驚愕した体験のひとつであったバンジージャンプをテーマに活動することを決意し、脱サラ。「株式会社ロジリシティ」を立ち上げ、「どこでもバンジーVR」を開発しました。

VRゴーグルを装着し、しがみついた装置を倒すことで視覚のみならず体全体でバンジージャンプを疑似体験できるのが特徴です。

「どこでもバンジーVR」開発秘話は野々村さんのnoteでも詳しく紹介されています。

>>野々村さんnote「世界初!VRバンジージャンプ装置ができるまで」

 

どこでもバンジーVRの対象年齢は7歳以上

「どこでもバンジーVR」は東京タワーのメインデッキ2階で体験できます。事前予約が必要です(予約は東京タワー公式サイトなどから可能)。

  • 期間:毎週土日祝
  • 時間:10:30~18:00
  • 料金:大人1,200円 高校生1,000円 小・中学生700円
    (別途、メインデッキ入場料が必要)
  • 参加条件:年齢7歳以上、身長120㎝以上、体重100㎏以下

(参考:東京タワー 公式サイト

一般的なバンジージャンプは15歳以上などの制限を設けていることが多いので、疑似的とはいえ、小さいお子さんでもバンジージャンプを体験できるのが大きな特徴と言えます。

 

最新の情報は「どこでもバンジーVR」ツイッターなどで確認をお願いします。

>>どこでもバンジーVR ツイッター

 

 

上記は2022年5月時点の情報です。