【マツコの知らない世界】Foodieの特徴やフィルターは何種類?【写真アプリ・フーディー・料理・LINE】

2020年に「マツコの知らない世界 写真アプリの世界」が放送されました。ゲストはひかりんちょさん・久留栖るなさん。

放送では、料理をおいしく見せる写真アプリ(カメラアプリ)、「Foodie(フーディー)」も紹介されました。

「Foodie」の特徴を調べてみました。

(ちなみに、2021年2月9日の「若者カルチャースペシャル」でも「写真アプリの世界」が取り上げられます)



Foodie(フーディー)の特徴やフィルターの種類は?【写真アプリ】

「Foodie(フーディー)」はLINE社が開発した、料理をよりおいしく見せることができる写真アプリです。以下のような特徴があります。

  • 食べ物が魅力的に変身する「食べ物フィルター」
    >食べ物の撮影に最適化された24種類のフィルター
  • “真上撮り”をサポートしてくれる「ベストアングル機能」
    卓上の食べ物に対してカメラが0°の水平になっているかということを色で知らせてくれる
  • プロのような仕上がりを実現する「アウトフォーカス機能」
    >食べ物以外の部分にぼかしをかけることで、まるで一眼レフカメラで撮影したかのような写真に仕上げる
  • 暗い場所でも撮影も可能にする「明るさ調整機能」「トーチ機能」
    >写真を撮影する際に、手動で写真を明るくしたり暗くしたりすることができる。ライトを常時点灯させることができる

<参考> LINE:【Foodie】食べ物の撮影に特化したフード専用カメラアプリ「Foodie」を公開 リリーズ時の情報です

 

現在、食べ物の写真に特化した30種類以上のフィルターがあるといいます。

もともとは料理に特化したフィルターのみでしたが、いまでは人物や室内なども魅力的に写せるようなフィルターもあり、それらも含めると70種類以上のフィルターが搭載されているそうです。

<参考>
Google Play:Foodie
ANA Travel&Life:旅写真も“盛って”楽しめる! おすすめ写真アプリで、旅の思い出を鮮やかに残そう

 

 

「マツコの知らない世界 写真アプリの世界」(2020年放送)にゲストとして出演したひかりんちょさんは、SNSやYoutubeで活動しています。本も執筆しているので、気になる方はチェックしてみるのもいいかもしれません。