ハリー・ポッターと呪いの子の日本公演が決定。舞台映像やキャストの情報はある?

『ハリー・ポッターと呪いの子』の舞台がイギリスやアメリカなどで公演しています。今回、日本での日本人キャストによる公演が決定しました。

『ハリーポッターと呪いの子』の舞台映像やキャストについて調べてみました。


『ハリー・ポッターと呪いの子』の舞台について

2020年2月時点で分かることをまとめてみました。

日本での舞台公演はいつ?

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の日本での公演は、2022年夏を予定しているとのこと。

いままでイギリス、アメリカ、ドイツ、オーストラリア で公演されており、アジアでの公演は日本が初めて。

制作は『メリー・ポピンズ』、『ビリー・エリオット』の日本語版を手掛けてきたホリプロ

公演会場はどこ?

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の公演会場は TBS赤坂ACTシアター

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』は、TBS開局70周年記念となる作品です。

ちなみに、TBS赤坂ACTシアターは2021年より大規模な改修を開始し、ハリー・ポッター専用劇場として生まれ変わります。そのため、『ハリーポッターと呪いの子』は上映期間を設けないロングラン公演になるのだとか。(参考:ライブドアニュース)

『ハリー・ポッターと呪いの子』の舞台映像はある?

ハリー・ポッターの舞台といっても想像しにくい人も多いはず。

Youtubeには『ハリー・ポッターと呪いの子』の公式映像があがっています。

 

以下は、ミュージックビデオ配信で有名なvevoがアップしている『ハリー・ポッターと呪いの子』のダンスシーン。

日本公演のハリー・ポッターは誰になる?

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の日本公演は、日本人キャストで上映されます。

2020年2月現在、キャストの情報は出ていません。

やはり、気になるのはハリーポッターを誰が演じるのかでしょう。

『ハリー・ポッターと呪いの子』は、映画シリーズの最後を飾った『ハリー・ポッターと死の秘宝』から約20年後の世界。ハリー・ポッターは40歳近くになり、3人の子供がいるという設定です。

正式なキャストが発表されるまではいろいろと情報が錯綜することになるでしょう。

トレードマークである丸眼鏡がぴったり似合うキャストを期待したいところです。

海外のハリー・ポッター役はどんな感じ?

海外のハリー・ポッター役はどんな感じなのか気になったので調べてみました。

 

ロンドン(イギリス)公演のハリー・ポッター 一家。

左からハリー・ポッター(Jamie Ballard)、妻のジニー(Susie Trayling)、次男のアルバス(Dominic Short)。

 

サンフランシスコ(アメリカ)公演のハリー・ポッター(John Skelley)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Harry Potter on Stage US(@cursedchildus)がシェアした投稿

 

ハンブルク(ドイツ)公演におけるハリー・ポッター役の Markus Schöttl。

 

メルボルン(オーストラリア)公演のハリー・ポッター 一家。

右から ハリー・ポッター(Gareth Reeves)、妻のジニー(Lucy Goleby)、次男のアルバス(Sean Rees-Wemyss)。

 

 

日本公演はアジア初の公演ということで、誰がハリー・ポッターに選ばれるのか、世界的にも注目されそうです。

チケットの販売はいつから?

2020年2月現在、チケットの販売時期は未定となっています。

ハリポタブームがまたやってくるかも

映画のハリー・ポッターはCGを巧みに使い、見事に魔法世界を表現していました。今回は舞台なのでCGを使えませんが、あの手この手で観客を魅了する演出が用意されていることは間違いなし。ミュージカル要素もある作品に仕上がっているようです。

日本公演は2022年とまだ先ですが、キャストなどの情報はこれから少しずつ明らかになっていくので、出てくる情報を楽しみにしながら気長に待ちましょう。

閉園が予定されているとしまえんの跡地にハリー・ポッターのテーマパークができると噂されているなど、またまだハリポタ人気は衰えていない様子。今回の舞台公演も再びハリポタブームがやってくる前兆となりそうです。

 

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

 

映画のハリー・ポッターは動画配信サービスの U-NEXTHuludTV などで特別配信されることもあるので、見たくなってしまった人は要チェックです。