【新型コロナ】北海道の感染者初の200人超えか。GoToトラベルの対象から外れる可能性は?【ステージ3】

北海道では11月に入ってから、新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者の増加が止まらず、9日には新規感染者が初めて200人を超える見通しです。北海道では、7日に感染警戒レベルをステージ3に引き上げたばかりです。

加藤官房長官は9日に会見を行い、北海道における感染拡大およびGoToトラベルとの関連性について述べていました。



北海道でコロナの感染者が初の200人超えか

北海道では6月以降、新型コロナウィルス感染者の大きな増加はありませんでしたが、秋になり感染者が急増。11月5日には一日の新規感染者数が初めて100人を上回り、8日までに4日連続で100人を超えているほか、9日には一日の新規感染者数は200人を超える見通しとなっています。

これらを受け、北海道庁は11月7日に感染警戒ステージを2から3に引き上げました。また、7日~27日までの3週間、クラスターが発生しているすすきの地区を対象とし、接待を伴う店などへ営業時間短縮等を要請しています。

北海道がGoToトラベルから除外される可能性は?

加藤官房長官は9日の会見において、北海道でのコロナ感染拡大とGoToトラベルの関係について、以下のように述べていました。

「新型コロナウィルス感染症対策分科会からは、全国的にGoToトラベル事業を実施したとしても、ある都道府県がステージ3相当(※)と判断された場合には、当該事業に関する感染リスクを総合的に考慮して、当該都道府県を除外することを検討していただきたい、という提言をされている。政府としてはそうした提言に沿って対応していきたい。」

※新型コロナウイルス感染症対策分科会は、感染状況を示す基準を1~4の4段階で示しています。ステージ3は「感染者の急増及び医療提供体制における大きな支障の発生を避けるための対応が必要な段階」としています。
(参考:今後の感染状況の変化に対応した対策の実施に関する指標及び目安について(内閣官房)

 

会見においては、北海道がGoToトラベルの対象から除外されるかどうかは明言されませんでした。

 

ちなみに、9日時点での北海道での確保病床に対する病床使用率は約20%であり、ただちにひっ迫する状態ではないということです。

 

 

※この記事の情報は2020年11月9日時点のものです。最新の情報は政府HPや北海道HPなどで確認をお願いします。