占冠村(しむかっぷむら)のメープルシロップは通販でお取り寄せできる?値段は?【トペニワッカ・国産・北海道】

占冠村(しむかっぷむら)は、北海道の中央部に位置する人口約1,200人の村です。そんな小さな村で、「トペニワッカ」という国産のメープルシロップが生産されています。年に数百本しか生産されない、貴重なメープルシロップです。

「トペニワッカ」の特徴や値段、通販でお取り寄せできるのかを調べてみました。

 

ちなみに、2020年11月10日に「マツコの知らない世界」 (TBS)でメープルシロップの世界が放送されるので、メープルシロップに興味があるのなら、要チェックです。



占冠村(しむかっぷむら)のメープルシロップ「トペニワッカ」とは

北海道の占冠村(しむかっぷむら)では、「トペニワッカ」というメープルシロップが生産されています。


画像出典:上川総合振興局

 

「トペニワッカ」は、占冠村のイタヤカエデの樹液を煮詰めて作った国産のメープルシロップです。

メープルシロップといえばカナダが有名ですが、原料にはおもにサトウカエデの樹液を使っています。「トペニワッカ」は、使用しているカエデの種類が異なるため、カナダ産メープルシロップとは異なる風味があり、苦味が少なく、すっきりとした甘さが特徴。日本人に好まれる味わいだということです。

占冠村では、札幌でメープルシロップ専門店「ギャニオン(GAGNON)」を営んでいる、カナダ出身のギャニオン・マークさんの指導により、メープルシロップ作りに励んできたといいます。

カエデ樹液が採れるのは、雪解け時の3月~4月のみ。樹液60リットルからできるメープルシロップはわずか1リットルで、「トペニワッカ」は年に数百本しか生産できないということです(生産量はその年のメープル樹液の採取量によって異なります)。

一本一本にシリアルナンバーがついているというぜい沢な商品です。

(参考:Amazon上川総合振興局

占冠村(しむかっぷむら)のメープルシロップ「トペニワッカ」の値段はいくら?

北海道HPによると、「トペニワッカ」は 100mlの化粧箱入りで税込5,400円でした。

(参考:上川総合振興局

占冠村(しむかっぷむら)のメープルシロップ「トペニワッカ」は通販でお取り寄せできる?

「トペニワッカ」を Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング で調べてみたところ、Amazonで取り扱いがありましたが、品切れとなっていました。(2020年11月時点の情報)

カエデ樹液が採れるのは、3月~4月の1ヶ月間ということなので、その時期になったら購入できるようになるのかもしれません。

 

>>Amazonで占冠村のメープルシロップを検索する

 

ちなみに、「トペニワッカ」は占冠村のふるさと納税の返礼品になっています(2020年11月時点の情報)。

(参考:ふるさとチョイス



メープルシロップのお取り寄せ(通販)なら、ギャニオンがおすすめ

メープルシロップを通販でお取り寄せしたい場合は、ギャニオンのメープルシロップがおすすめです。

ギャニオンは札幌にあるメープルシロップ専門店ですが、ヤフーショッピングにはギャニオンの公式ショップがあります。


画像出典:Yahooショッピング

 

メープルシロップのほか、以下のような商品も販売されているので、気になる方はチェックしてみてください。

  • メープルサブレ
  • メープルアップルパイ
  • メープルゼリー
  • メープルジンジャーシロップ
  • メープルリキュール(蒸留酒)
  • メープルしそ南蛮
  • メープルギフトセット

 

(上記の情報は2020年11月時点のものです。販売状況などは変動する場合があります)