IEサポート終了の理由は?【Internet Explorer・2022年6月15日終了予定・マイクロソフト】

米Microsoft(マイクロソフト)社は、2021年5月19日(現地時間)、WebブラウザIE(Internet Explorer)のサポートを2022年6月15日(現地時間)に終了するとブログで発表しました。



IE(Internet Explorer)サポート終了の理由は?

MicrosoftはIEサポート終了の理由として、後続のWebブラウザ「Microsoft Edge」が、古いActiveXコントロールやレガシーWebサイトもサポートする「IEモード」を備えていること、セキュリティが強固であること、最新機能を備えていることなどを挙げています。

Microsoft Edge は Internet Explorer よりも高速かつ安全で、最新のブラウジング体験を提供します。また、従来の Web サイトやレガシ アプリケーションとの互換性という重要な懸念事項にも対応しています。さらに Internet Explorer モード (IE モード) を搭載しており、従来の Internet Explorer ベースの Web サイトやアプリケーションにも直接 Microsoft Edge からアクセスできます。Microsoft Edge が Internet Explorer のほとんどの機能を内包し、更にコレクションやWebキャプチャを始めとする最新の機能を備えていることから、Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションは 2022 年 6 月 15 日をもってサポートを終了いたします。

(出典:Microsoft Windows Blogs(日本語版)「Internet Explorer は Microsoft Edge へ – Windows 10 の Internet Explorer 11 デスクトップアプリは 2022 年 6 月 15 日にサポート終了」

 

レガシーアプリをIEで使っている企業ユーザーに対しては、「Microsoft Edge」の「IEモード」を使うように勧めています。「IEモード」は少なくとも2029年まではサポート予定だそうです。
(参考:IT media NEWS「Microsoft、IE(Internet Explorer)サポート終了は2022年6月15日」

 

この記事の情報は2021年5月時点のものです。