JAL・ANAの国内線チェックインシステムの共通化はいつからを予定?【日本航空・全日本空輸】

2021年10月22日、日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は、国内線空港のチェックインシステム機器の共同利用に向けた取り組みを開始すると発表しました。

JAL・ANAの国内線チェックインシステムの共通化はいつからを予定?

現在、JALとANAはそれぞれ独自のシステム機器を配備しており、自社のシステム機器を設置したゲートでのみ搭乗案内業務をおこなうことできます。

共同システムを活用し、制限が緩和されることで、使用できる駐機スポットが増え、到着便が遅延するケースを減らすことができるとのこと。

設置する機器台数が削減されることで、資源の省力化やコスト削減も期待できるそうです。

共同化にあたり、通信サービスを手掛けるアビコム・ジャパンが提供を予定するサービスを活用。パナソニック システムソリューションズ ジャパンやKDDIのシステム機器やネットワークをアビコムが調達し、併用することで実現するそうです。

システムの共同利用はJALならびにANAが就航している国内空港のうち約30空港で、2023年5月より空港ごとに順次開始する予定とのこと。

(参考:JAL プレスリリース「国内線チェックインシステム機器の共同利用に向けた取り組みを始動」

 

 

この記事の情報は2021年10月時点のものです。