JPQRの申請開始はいつから?統一されるサービスは何?【QRコード・キャッシュレス】

政府は店頭などでスマホによるキャッシュレス決済を推進するため、国内主要QRコード決済サービスに対応した統一QRコードである『JPQR』の導入を進めています。

総務省の高市総務大臣は6月5日の閣議後会見において、『JOQR』の申請受付時期について述べました。



JPQRの申請受付が6月よりスタート

キャッシュレスで決済できるQRコード決済は便利な一方で、国内で多くのサービスが乱立しており、店舗や客の負担になってしまっているという問題もあります。

政府はキャッシュレス決済の普及を促進することや店舗などの負担を減らすことを目的として、国内の主要QR決済サービスに対応した統一QRコードである『JPQR』の導入を推進しています。

総務省の高市総務大臣は6月5日の閣議後会見において、『JOQR』の申請受付時期について述べました。

JPQRの申請・利用開始はいつから?

総務省は『JPQR』を導入する店舗の申請受付を6月22日(月)からオンラインで始めると発表しました。

現在、新型コロナウィルスの影響でキャッシュレス決済の必要性が改めて認識されているので、中小規模の店舗でも導入を検討してもらいたいということです。

申請した店舗には7月中旬にQRコード決済に必要な台紙が届き、実際に利用できるようになるといいます。

2019年には一部地域で実証実験が行われましたが、2020年には全国展開を図り、10万店での設置を目指すといています。
(参考:共同通信)

JPQRで統一されるQR決済サービスは何?

『JPQR』で統一される決済サービスは

  • d払い
  • au PAY
  • ペイペイ
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ

などの18サービスです(2020年6月時点)。
(参考:総務省 JPQR公式サイト)