かなみ屋の麻婆麺の値段や店の場所は?【新潟・麻婆麺はマツコの知らない世界でも特集】

麻婆麺(マーボー麺)の発祥は新潟県という説が有力で、ここ数年のブームの火付け役となったのが、「たまる屋」(新潟市中央区)だそうです。
(参考:産経新聞「新潟麻婆麺が多種多様に進化 ご当地ラーメン狙う盛り上がり」

そんな麻婆麺は、新潟市にある「かなみ屋」でも麻婆麺を提供しています。

 

ちなみに、TBSの情報バラエティー『マツコの知らない世界』でも麻婆麺が特集されたことがあります。激辛好きのドラマー・藤崎涼(ふじさきりょう)さんが数々の名店を紹介してくれました。



かなみ屋の麻婆麺の値段や店の場所は?

「かなみ屋」は新潟県の小岩に本店を置く中華料理店です。麻婆麺や担々麺などを提供しています。

「かなみ屋」でのおもな麻婆麺の値段は以下の通り。

  • 四川麻婆麺 940円
  • 汁なし四川麻婆麺 900円
  • 激辛四川麻婆麺 1,500円

(参考:かなみ屋 公式サイト 値段などは変更になる場合があります)

 

「四川麻婆麺(シセンマーボーメン)」は、”7種類の香辛料をブレンドした自家製ラー油の後引く辛さが特徴。豊かな香りと刺激的な味にハマる人が続出!”とのこと。
(参考:Komachi Web「辛さの中にうま味!新潟市内の麻婆麺(マーボーメン)9選」

 

お店の人気No.3のメニューが「四川麻婆麺」だそうで、3年熟成したピーシェン豆板醤を使用しているそうです。スープはあっさりとした醤油味で、辛さが苦手な人でも美味しく味わえるとのこと。
かなみ屋 インスタ投稿 2022.7.16より)

 

ちなみに、麻婆麺の発祥は新潟県という説が有力で、市民に広く知られるようになったのは「ラーメン工房まるしん」の存在が大きいそうです。

ここ数年のブームの火付け役となったのが、「和風とんこつ たまる屋」だそうです。
(参考:産経新聞「新潟麻婆麺が多種多様に進化 ご当地ラーメン狙う盛り上がり」

 

>>かなみ屋 公式サイト

 

このほかの店舗は公式サイトで確認できます。