風が強く吹いているの舞台上演は何日間?上演場所の最寄り駅はどこ?【三浦しをん】

2020年4月、直木賞作家である三浦しをんさん原作の小説『風が強く吹いている』の舞台化が決定しました。上演日時、場所、キャストなど現時点で分かる情報を調べてみました。



風が強く吹いているの舞台化が決定

『風が強く吹いている』は、箱根駅伝を題材とした 直木賞作家 三浦しをんさんの小説。これまでに映画、漫画、アニメ化されており、2020年4月に舞台化が発表されました。脚本は春日康徳さん、演出は吉田武寛さんが担当します。監督の情報はまだありません。
(参考:ステージナタリー)

舞台の上映期間はいつからいつまでの何日間か

舞台『風が強く吹いている』の上演は 2020年6月10日(水)~17日(水) を予定。上演期間は8日間ということになります。
(参考:ステージナタリー)

舞台の上演場所や最寄り駅はどこ?

上演場所は東京の六行会ホール。京急「新馬場」駅北口から徒歩3分の場所にあります(「新馬場」駅は、京急「品川」駅から普通電車で2駅目)。

六行会ホールの座席数は約250席です。

 

六行会ホール
住所:東京都品川区北品川2-32-3

舞台のキャストは誰なのか

舞台『風が強く吹いている』のメインキャストは以下の通りです。

  • 松田裕:清瀬灰二 役
  • 堂本翔平:蔵原走 役
  • 二葉勇:城太郎 役
  • 二葉要:城次郎 役
  • 西村菜那子(NGT48):勝田葉菜子 役(Wキャスト)
  • 千歳ゆう:勝田葉菜子 役(Wキャスト)
    .
    (参考:ステージナタリー)



映画やアニメは動画配信サービスで配信中

舞台化が決まった『風が強く吹いている』。箱根駅伝が題材ということで、舞台という限られた空間で駅伝をどのように演出するのかが気になるところです。

『風が強く吹いている』の映画やアニメは 以下の動画配信サービスで配信されているので、舞台を見る前にチェックしておくのもおすすめです。

 

 

 

2020年4月時点の情報(配信状況)ですので、最新の情報は公式サイトなどで確認をお願いします。

コメント