【覚王山吉芋】吉芋花火(芋けんぴ)の通販での値段は?【愛知・マツコの知らない世界ゲストもお気に入り】

高知県の郷土菓子として有名な芋けんぴですが、全国各地で製造されています。

愛知県名古屋市のさつま芋菓子専門店「覚王山吉芋(かくおうざんきちいも)」では、「吉芋花火(きちいもはなび)」という芋けんぴが人気商品となっています。

【覚王山吉芋】吉芋花火(芋けんぴ)の通販での値段は?

「覚王山吉芋」の芋けんぴ「吉芋花火」は、お店の創業からある看板商品で、人気No.1の商品だそうです。国産のさつまいもに自家製蜜が絡めてあります。

「覚王山吉芋」の公式オンラインショップでも、「吉芋花火」を販売しています(冷凍便)。

参考価格は、170gで税込600円(送料除く)。賞味期限は30日。

塩味もあり、こちらは75gで税込350円(送料除く)。こちらは、蜜ではなく沖縄産の雪塩だけで味付けされています。
(参考:覚王山吉芋オンラインショップ 値段などは変更になる場合があります)

 

ちなみに、「さつまいも親善協会」会長の鈴木絢子さん(TBS系列「マツコの知らない世界 芋けんぴの世界」にも出演)など、専門家が選ぶ芋けんぴランキング(NIKKEI プラス 1「何でもランキング」)では、「覚王山吉芋」の「吉芋花火」が第1位にランクインしています。

「芋が生きているけんぴ、芋の香りがするだけでなく芋の弾力、しっとりさを一番感じた」「一度手をつけたら止まらない」といった高い評価を受けています。鈴木さんはねっとりとした蜜を「和風のキャラメルのよう」と表現しています。
(参考:グルメクラブ クローズアップ「専門家推しの芋けんぴ10選 定番からワインのお供まで」