モネの庭マルモッタンの入園料など。人気の季節は?【高知県北川村・マツコの知らない噴水の世界】

2022年7月12日に『マツコの知らない世界 噴水(ふんすい)の世界』が放送されます。ゲストは世界101カ国3,700以上の噴水を見てきたという男性・地蔵保幸(じぞうやすゆき)さん。

放送では、高知県北川村(きたがわむら)にある『「モネの庭」マルモッタン』も紹介されるようです。モネの庭公式 ツイートより)

入園料などを調べてみました。

 

※この記事では、番組の告知から放送される情報を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。

モネの庭マルモッタンの入園料など

高知県北川村にある『「モネの庭」マルモッタン』は、印象派の巨匠クロード・モネがフランス北部にあるジヴェルニーに移り住んで造り上げた庭を再現した庭園です。

クロード・モネ財団の協力や指導などにより、世界で2番目の「モネの庭」として2000年に開園しました(1番目の「モネの庭」はフランスのジヴェルニーにあります)。
(参考:「モネの庭」マルモッタン 公式サイト モネの庭とはモネの庭ヒストリー

 

「マルモッタン」は、印象派絵画のコレクションで有名なパリの「マルモッタン・モネ美術館(旧称マルモッタン美術館)」からの名称とのこと。

広さは施設全体で約3ヘクタール(東京ドーム2/3相当)。

とくに春にはたくさんの花を見ることができ、バラや睡蓮の咲くゴールデンウィークはとくに人気の季節だそうです。
(参考:「モネの庭」マルモッタン 公式サイト よくある質問)

 

園内には「水の庭」「花の庭」「ボルディゲラの庭」などがあり、「カフェ モネの家」や「手作りパン工房」も併設されています。

入園料は以下の通りです(いずれも税込)。

  • 一般:1,000円
  • 小中学生:500円
  • 小学生未満:無料

団体割引や年間パスポートなどもあります。

(参考:「モネの庭」マルモッタン 公式サイト 入園料 最新の情報とは異なる場合があります)

 

アクセスなどは公式サイトで確認できます。

>>「モネの庭」マルモッタン 公式サイト

 

「モネの庭」マルモッタン(もねのにわ まるもったん)

 

 

『マツコの知らない世界 噴水の世界』ゲスト・地蔵保幸さんの著書