koburi(鯉のぼり)の値段やサイズは?【埼玉県川口市・コブリ・三共】

鯉のぼりというと、庭のポールに飾るイメージがありますが、最近では、部屋にも飾れるミニ鯉のぼりも数多く販売されています。

たとえば、鯉のぼり器具メーカー「三共」は、koburi(コブリ)というポールを再加工したミニ鯉のぼりを製造しています。値段などを調べてみました。

(ちなみに、2021年5月4日放送の「マツコの知らない世界」(TBS)では、鯉のぼりが特集されます。放送された商品やイベント情報は番組HPや公式インスタで確認できます)



koburiはポールを再加工して作られたミニ鯉のぼり

埼玉県川口市にある創業60年の鯉のぼり器具メーカー「三共」は、鯉のぼりを掲げるポールを室内向けの小さな鯉のぼりに再加工したkoburiという商品を販売しています。

先行して、2021年4月5日から5月10日まで、新プロジェクト応援サイト「Makuake」にて、40組限定で発売。

参考価格は、3個セット28,800円、4個セット36,800円、5個セット44,800円(ポール回収送料・配送料・消費税込)。

(参考:PR TIMES「家族をつなぐこいのぼり「koburi」 こいのぼりポールがリユースで卓上タイプに生まれ変わるプロジェクトが4月5日より先行販売開始」

 

加工できるポールサイズは外径39mmのものだけだそうです。色は黒・赤・青色の3色から選べます。ポールがお店へ到着してから発送まで約2か月程度はかかるといいます。

(参考:koburi 公式サイト FAQ

 

ポールは職人によるカットや加工が施されてkoburiとなり、ひとつずつ収納箱に入れられ、自宅などに届けられます。koburiは全長約12㎝、高さ約7㎝。揺らすこともできます。

koburi インスタより

 

この投稿をInstagramで見る

 

koburi(@koburi_official)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

koburi(@koburi_official)がシェアした投稿

 

回収できるポールはサイズや種類など様々な条件があるので、詳しい情報はkoburi公式サイトなどで確認をお願いします。

(この記事の情報は2021年4月時点のものです)