動物園・野崎さんの年齢など。制作映画やお気に入りの動物園は?【マツコの知らない世界ゲスト】

2021年4月27日に「マツコの知らない世界 動物園の世界」が放送されます。ゲストは年間170回以上動物園に通うという野崎浩貴(のざきひろたか)さんです。

年齢などを調べてみました。野崎さんは映画制作にも携わっています。



動物園・野崎さんの年齢や制作映画

野崎浩貴さんは1988年生まれだそうです(2021年で33歳)。
(参考:FASHIONSNAP.com「主演は菅田将暉 監督は”野崎くん” 12万回再生のフィルムはどうやって作られたのか」

 

趣味は動物園散策や映画鑑賞など。全国の動物園に足を運ぶそうで、都内では特に多摩動物公園がお気に入りだといいます。

動物園に頻繁に通うようになったのは、大学を卒業した2011年からで、就活がうまくいかずに卒業してしまい、何もすることがなかったときに友達に井の頭自然文化園をおすすめしてもらったのがきっかけだそうです。

ゾウのはな子(2016年に69歳で他界した、国内最高齢記録を更新したゾウ)を初めて見たときに衝撃を受け、「また行きたい」と思うようになり、年間パスポートを買ったのだとか。
(参考:TKVW「年間170回以上動物園に通う男の達観したVOICE」

 

野崎さんは映画制作にも携わっており、菅田将暉(すだまさき)さんがプライベートで出演したというショートフィルム『Summer break』の監督などをつとめています。
(参考:FASHIONSNAP.com「主演は菅田将暉 監督は”野崎くん” 12万回再生のフィルムはどうやって作られたのか」

マツコの知らない動物園の世界 放送内容(予定)

2021年4月27日放送の「マツコの知らない世界 動物園の世界」では、新たな動物園の楽しみ方やご長寿動物などを紹介しくれるそうです。

また、10年以内に動物園で見れなくなってしまう可能性が高い動物や、野崎さんが俳優の加藤諒(かとうりょう)さんと動物園を巡る様子も紹介するそうです。
(参考:テレビドガッチ「「駅すぱあと」の中の人が登場!「ゆったり乗り換えのススメ」を伝授」

 

さらに「ご長寿動物の世界」サル!ゾウ!コアラ!全国の動物園から愛くるしい動物続々!レジェンド級のご長寿動物の長生きの秘訣とは?

出典:TBS番組表:マツコの知らない世界[字]【新撮影!ゾウ!コアラ!全国の動物園&乗り換えの新ルート】

 

 

ちなみに、国内の動物園で存命中のご長寿動物としては、以下のような個体が有名です。

  • 「多摩動物公園」のゾウ「アヌーラ」(推定67歳)
  • 「上野動物園」のニシゴリラ「ピーコ」(推定51歳)
  • 「京都市動物園」のアカゲザル「イソコ」(43歳)
  • 「盛岡市動物園」のシロサイ「サイカ」(45歳)
  • 「福岡市動物園」のマレーバク「ジュリ」(32歳)
  • 「淡路ファームパーク イングランドの丘」のコアラ「みどり」(24歳)
    など(いずれも2021年4月時点)