【マツコの知らない世界】ボッコ(BOCCO)は通販で買える?値段(価格)はいくら?【ロボットペット】

9月15日に『マツコの知らない世界 ロボットペットの世界』が放送されます。

 

番組ツイッターの告知動画には、「ユカイ工学」の開発した「ボッコ(BOCCO)」と思われるロボットも映っています。

 

ユカイ工学 コミュニケーションロボット BOCCO ボッコ(Amazon)

 

「ボッコ(ぼっこ)」の特徴や値段、通販情報を調べてみました。

 

※この記事では、番組の告知から放送される情報・商品を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。



ボッコ(BOCCO)はコミュニケーションを手助けしてくれるロボット

ボッコ(BOCCO)」は「ユカイ工学」の開発した、コミュニケーションを手助けしてくれるロボット。

ボッコの利用には、WiFi ルータとスマートフォンが必要です。専用スマホアプリ「BOCCO公式アプリ」とつなげて使用します。

スマホからテキストか音声でメッセージを入力すると、「ボッコ」が再生。「ボッコ」から録音すると、アプリでメッセージの確認ができます。このおかげで、スマホの操作が苦手な方とも簡単にコミュニケーションを取ることができます。

また、アプリから設定をすることで、今日の天気などをお知らせしてくれることも。

シンプルなデザインも特徴で、おなかのふたつのボタンで「再生」と「録音」ができ、鼻を回すことでボリュームを調整できます。

 

「ボッコ」の機能はそのままに、最新の「高性能の音声認識技術」を搭載した「ボッコ エモ(BOCCO emo)」も2020年冬の発売に向けて開発中だということです。

ボッコ(BOCCO)には専用のセンサーもあり

「ボッコ」は各種センサ(センサー)に対応しています(「ボッコ」本体には「振動センサ」が付属。そのほかのセンサは別売り)

  • 振動センサ
    ドアにつけておくと、ドアに反応があった際にスマホに通知が届く(お子さんの帰宅などを知ることができる)。センサ設定をすることで、センサに反応があったときにボッコに自動で好きなセリフを喋らせることも可能
  • 鍵センサ
    サムターン鍵の開閉を検知してスマホにお知らせ。家の鍵の開閉状態をいつでもスマホから確認できる
  • 部屋センサ
    部屋温度と湿度をもとに熱中症の警戒度をモニタ。警戒度が高くなるとボッコを通じてスマホに通知。部屋の照明のオン・オフもコメントでお知らせすることができる
  • 人感センサ
    人やペットの動きを感知する、見守りを目的としたセンサ。人感センサが感知した情報をきっかけに、あらかじめ決めておいたメッセージをボッコにしゃべらすこともできる
    (例:台所に近づくと「台所に入ったら危ないよ」とボッコがしゃべる)

ボッコとセンサはBluetoothで通信しており、1台のボッコで最大8つのセンサと紐づけすることができるということです。

ボッコ(BOCCO)のサイズや重さなどのスペック

ボッコのサイズや重さは以下の通りです。

サイズ W90 x D55 x H195 (mm)
重量 220g
電源 100-240V AC アダプター
消費電力 6.8 (W)

ボッコ(BOCCO)の値段(価格)はいくら?

「ボッコ」の販売価格は税込31,900円です。

 

<参考>
BOCCO 公式サイト
BOCCO ボッコ(Amazon)



ボッコ(BOCCO)は通販で買える?

「ボッコ」は ユカイ工学オンラインストア でセール中です(9月23日12時まで)。

価格は35%オフの税抜18,850円(税込20,735円)。

 

「ボッコ」はAmazonや楽天市場でも販売されています。Amazonでは、税込20,592円で販売されていました。

ユカイ工学オンラインストアでの購入の場合、届くまで最短でも1週間程度かかるようです。

Amazonでは2日程度で届くので、「少しでも早く手に入れたい」という場合は、Amazonでの購入がおすすめです。

Amazonクラシックカード入会特典の2,000円相当のポイントを利用する、といった方法で安く購入することもできます(Amazonクラシックカードは初年度年会費無料、年1回以上の利用で翌年も無料)。

(上記は2020年9月4日時点の情報です。Amazonでの商品の値段やお届け日などは、販売元や出荷元により異なります)

 

 

※この記事では、番組の告知から放送される情報・商品を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。