マツコが食べたチャーハンまとめ。値段や特徴、コメントなど【朋友・菜来軒ほか】

2022年3月に放送された『マツコの知らない世界 チャーハンの世界』では、ゲストの「日本炒飯協会」のおふたりが、様々なチャーハンを紹介してくれました。

マツコさんもいくつかのチャーハンをスタジオで実食していたので、値段やコメントをまとめてみました。

マツコが食べたチャーハンの値段や店の場所

『マツコの知らない世界 チャーハンの世界』では、以下のチャーハンをマツコさんが食べていました。

  • 朋友(ポンユウ)/五目チャーハン
  • DRAGON酒家/コンビーフチャーハン
  • チャイナ飯店/玉子チャーハン
  • 菜来軒(サイライケン)/五目チャーハン

(以下の値段などの情報は放送当時のものです)

朋友(ポンユウ)/五目チャーハン

「朋友」は、東京都大田区西糀谷(こうじや)にある中華料理店。

放送では、「五目チャーハン」が紹介されました。値段は740円。テイクアウトも可能。

ラードは少なめでさっぱりしており、あっさり・ふっくらした味わいが特徴。卵には千葉県君津の永光卵(えいこうらん)を使用しています。

 

マツコのコメント

  • (見た目が)かわいい
  • 優しい(味)
  • 目つぶって食べたらチャーハンだってわからないかも
  • 油をそんなに感じない
  • パラパラとしっとりの良いところを取っている感じ
  • 炒めた感は弱いかも
  • 初めて食べた(味)かも
  • (店が近くにあったら)チャーハンの消費量多かったと思う
  • チャーハンの概念が変わりました

 

 

DRAGON酒家(ドラゴンシュカ)/コンビーフチャーハン

「DRAGON酒家」は横浜駅から徒歩5分のところにある中華料理店。

放送では、ツヤツヤ系チャーハンとして「コンビーフチャーハン」を紹介。コンビーフを1缶まるごと使っており、背徳感たっぷり。ビールにも合う逸品とのこと。

値段は1,280円。テイクアウトも可能。

 

マツコのコメント

  • 背徳感のある見た目
  • おいしい
  • 最後に残るのが油なのがいいね
  • (さっきのチャーハンと)全然違う。同じ料理じゃないみたい

一緒に出されたビールとともに完食していました。

 

 

チャイナ飯店/玉子チャーハン

「チャイナ飯店」は横浜市にある中華料理店。京浜急行電鉄本線の井土ヶ谷(井土ヶ谷)駅近くにあります。
放送では、「玉子チャーハン」を紹介。パラパラ系卵入りチャーハンの上に、大量の油で揚げられた半熟卵が3つものっています。さらに、台湾の甘じょっぱいソースもかかっています。

パラパラ系チャーハンですが、玉子と一緒に食べるとしっとり系に変化するとのこと。

値段は880円。テイクアウト・デリバリーも可能。

 

マツコのコメント

  • タレがちょっとかかってるところもうまい
  • タレと白身が本当に合うから白身で食べてみて
  • (半熟卵から流れるトロトロの黄身に対し)何度見てもいい画ね
  • チャーハンには目玉焼きをのせるべきね
  • (個人的には)全然背徳感を感じない

 

 

菜来軒(サイライケン)/五目チャーハン

「菜来軒」は東京都錦糸町にある中華料理店。錦糸町駅北口から徒歩15分ほどの蔵前通り沿いにあります。

放送では、”一定のリズムが癖になるメトロノーム鍋サウンド”として紹介。77歳の女性店主が実際にスタジオで鍋を振り、「五目チャーハン」を作ってくれました。

お店での値段は750円。テイクアウトも可能。

 

マツコのコメント

  • 王道ね。でもなかなか今ないのよ
  • マジうまい! やばいこれうまい!
  • たまにいる、ちょっとおこげっぽくなってるとこもいい
  • これ懐かしい
  • ちょっと私泣きそうなんだけど
  • ああ幸せ

 

 

このほか、紹介されたチャーハンは番組HPやインスタで確認できます。