【マツコの知らない世界】江戸ッ子煮の通販での価格は?愛媛県ご当地缶詰なのになぜ江戸?

6月16日に『マツコの知らない世界 グルメ缶詰の世界』が放送されます。ゲストは缶詰博士こと、黒川勇人(はやと)さん。

番組ではツナ缶やスイーツ缶のほか、全国各地のご当地缶も紹介してくれます。番組表の画像には、「一番美味しい瞬間を切り取った!」というフレーズとともに、3種類のご当地缶詰が映っています。


画像出典:TBS番組表

画像には、愛媛県のご当地缶である『江戸ッ子煮』の赤い缶詰が映っています。ゲストの黒川さんはブログで『江戸ッ子煮』のレビューや『江戸ッ子煮』の名前の由来をつづっています。通販での価格と合わせてまとめてみました。

 

※この記事では、番組の告知情報から放送される商品を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。



愛媛県のご当地缶詰『江戸ッ子煮』とは?

アール・シー・フードパックの『江戸ッ子煮』は、醤油とカレー粉のほのかな風味が効いた、牛肉入りの野菜の煮物です。しらたき・大豆・たけのこ・牛肉・昆布が入っています。

参考価格は378円。内容量は160g。

『江戸ッ子煮』黒川さんのレビュー

『マツコの知らない世界 グルメ缶詰の世界』のゲスト、缶詰博士こと黒川勇人さんは自身のブログで『江戸ッ子煮』を以下のようにレビューしています。

  • 具が多彩で嬉しい
  • 少し甘めで、味は濃くない
  • 独特の後を引くコクがある(コクの秘密は、カレー粉のような香辛料)
  • 大豆は表面がぱりっとし、中はふっくら。たけのこはしゃきしゃき。しらたきはしっかり味が染み、牛肉は煮詰まった感じだが味が抜けていない
  • 昆布巻きもウマいおつゆをたっぷり含んでいる
    .
    (参考:缶詰blog)

愛媛県のご当地缶詰なのに、なぜ江戸っ子?

『江戸ッ子煮』は愛媛県のご当地缶詰です。江戸ッ子とついているのに、なぜ愛媛県のご当地缶詰なのか不思議でしたが、黒川さんのブログによると、以下のような経緯があるそうです。

ところで、江戸ッ子煮という名の由来だが…。同社の方にお聞きしたところ「恐らく、の話しですが」と前置きしてから、こうおっしゃった。
「少なくとも戦前からあった商品らしく、当時は輸出も見込んでいたようです。そこで、日本のものと分かりやすいように名づけたという話しです」
(出典:缶詰blog)



『江戸ッ子煮』のネット通販(お取り寄せ)での値段はいくら?

『江戸ッ子煮』は楽天市場で販売されています。

楽天市場での販売価格は・・・

  • 6缶  :2,965円 [1缶あたり494円]
  • 24缶:8,376円 [1缶あたり349円]

など。単品でも販売されています。

 

この記事では、番組の告知情報から放送される商品を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。ネットショップでの販売状況や値段は2020年6月時点のものです。