ギャル雑誌egg・赤荻さんの年齢や出身。egg編集長になったのはいつ(何歳)?【マツコの知らない世界】

2021年5月11日に「マツコの知らない世界 ギャル雑誌の世界」が放送されます。ゲストはギャル雑誌『egg(エッグ)』の編集長、赤荻瞳(あかおぎひとみ)さんです。

年齢や出身を調べてみました。



ギャル雑誌egg編集長・赤荻さんの年齢や出身

赤荻瞳さんは1997(平成8)年9月6日生まれ(2021年で24歳)。埼玉県出身。

高校1年のときにギャルサークル(ギャルサー)で活動。高校中退後、2015年に広告制作会社に入社。休刊していたギャル雑誌『egg』を2018年3月にウェブで復刊させ、編集長に就任しています(当時20歳?)。
(参考:QJWEB「赤荻瞳」

『egg』は最盛期には50万部を誇ったギャル雑誌。2014年に休刊となっていました。
(参考:egg channel(Youtube) 概要欄

 

赤荻さんは子供のころから『egg』の大ファンだったそうですが、高校2年の時に『egg』が休刊。青春が終わったと思うほどのショックを受け、寂しさでいっぱいになったそうです。

それから、ギャルサーのつてで広告代理店に就職。社内で『egg』をウェブ版として復活させる話があがり、迷わず編集長に名乗りでたのだといいます。
(参考:GQ「『egg』編集長の赤荻瞳「個性と自由を大切にするのがいまのギャル」──連載・ギャル文化のいま【第1回】」

マツコの知らないギャル雑誌の世界の放送内容(予定)

番組公式サイトやツイッターなどによると、「マツコの知らないギャル雑誌の世界」では、以下のようなことを紹介してくれるそうです。

  • 令和ギャルたちの特徴
  • ギャル全盛期を凌駕する新トレンド
  • 令和の四天王ギャル
  • 最新ギャル武装メイク
  • 一番人気のギャルモデルが登場
    など


画像出典:マツコの知らない世界 公式サイト

 


画像出典:マツコの知らない世界[字]【激辛なのに旨い!旨辛グルメ!egg編集長×ギャル雑誌】

 

「マツコの知らないギャル雑誌の世界」は5月11日放送。赤萩さんが編集長を務めるギャル雑誌『egg』は、Amazonなどでも販売しています。