ハムカツ太郎さんの年齢や本名。子供はいる?現在の仕事は?【マツコの知らない世界ゲスト】

2021年3月16日に「マツコの知らない世界 春の揚げ物SP」が放送されます。2018年に放送された「ハムカツの世界」の一部も放送されるようです。

ゲストはハムカツ太郎(はむかつたろう)さん。年齢や本名などを調べてみました。



ハムカツ太郎さんの年齢や本名など

ハムカツ太郎さんの基本的なプロフィールは以下の通りです。

  • 本名:原 匡仁(はら ただひと)
  • 生年月日:1964年(2021年で57歳)
  • 出身:神奈川県横浜市

ハムカツ太郎さんは大学卒業後、アパレル会社に勤務していましたが、定年後の人生を違う道でたのしみたい、という思いから、2019年末に30年以上勤めていた会社を辞め、しばらく蕎麦屋やUber Eats配達員としてバイトをしていたそうです。

現在は、アトレ竹芝にあるコミュニティスペース「SHAKOBA(シャコウバ)」(2020年にオープン)で支配人を務めています。

大学3年生の娘さんがいるそうです。

(上記は2021年1月時点の情報です)

<参考>
ハムカツ太郎さんYoutubeチャンネル
のくらし:原 匡仁(ハムカツ太郎)さんインタビュー

 

SHAKOBA

 

ハムカツ太郎さんのハムカツとの出会い

アパレル会社に勤務するかたわら、昭和風情のある酒場や喫茶店を訪ねるのが好きだったというハムカツ太郎さん。ある日、誘いを受けたことがきっかけで、「BUKATSUDO みなとみらい昭和文化研究部」(昭和を探訪する部活動)を立ち上げます。

この活動にだんだんと人が集まるようになり、どんなことをやっていく部活なのかという話し合いで決まったのが、”ハムカツを作ってビールを飲むこと”だったといいます。ハムカツはビールに合うし、作るのが簡単、という理由だったそうです。

そのあと、本当においしいと思えるハムカツを仲間に提供したい、という想いから、いろいろなお店のハムカツの食べ歩きを始めるようになったといいます。

そうして、たどり着いたのが、上野にあった田中食堂のハムカツだったそうです(現在は閉店)。

<参考>
のくらし:原 匡仁(ハムカツ太郎)さんインタビュー

 

ハムカツ太郎さんはSNSなどでハムカツの情報を発信しています。

 

ハムカツの世界(2018年)で紹介されたお店

2018年に放送された「マツコの知らない世界 ハムカツの世界」では、以下のお店などが紹介されました。(放送アーカイブより)

  • 新井精肉店
  • 肉の大山
  • レストランばーく(ハムカツ定食)
  • カンザイパ~ン本舗(ハムカツパン)
  • 居酒屋トモ(ミルフィーユハムカツ)
  • 中華料理 大輦(ソースラーメン ハムカツのせ)