ホコ天マニア・内海さんの年齢や出身。東大の卒論もホコ天の研究【マツコの知らない歩行者天国の世界】

2022年9月13日に「マツコの知らない世界 歩行者天国(ほこうしゃてんごく)の世界」が放送されます。ゲストは東大卒のホコ天マニア・内海皓平(うちうみこうへい)さんです。

日本チーズの世界・ゲストは坂上あきさん。紹介されるチーズは?

TBS番組表によると、内海皓平さんは”東大の卒論も修士論文も、歩行者天国についての研究を書いた男性”とのこと。

おもなプロフィールは内海さんのウェブサイトで確認できます。

1995 – 東京都江戸川区生まれ
2014 東京都立日比谷高等学校 卒業
2018 東京大学工学部建築学科 卒業
2020 東京大学工学系研究科建築学専攻 修士課程修了
2020 – 株式会社オープン・エー/公共R不動産

(出典:内海皓平 ウェブサイト

 

内海さんは2017年4月、大学の研究の一環で地域のフィールドワークを行った際、歩行者天国と出会ったそうです。

内海さんいわく、「普段は車が通る道路が、別の目的に使われる。そこには地域の歴史や住民の思いが詰まっているのではないかと思った」とのこと。
(参考:朝日新聞DIGITAL「ホコ天めぐる大学院生、そのワケは 自費出版すでに2冊」

 

その後、卒業論文で「遊戯道路」について調べたことが、歩行者天国研究のきっかけになったのだとか。

町で人が暮らしている様子が好きだそうで、面白いと思って通っているのは、東京の下町・根津(ねづ)の「藍染大通り(あいぞめおおどおり)」だそうです。

ちなみに、内海さんは「歩行者天国ハンドブック」や「ホコテン探訪記」といった本を自費で出版しています。
(参考:内海皓平 ウェブサイトマニアフェスタ「『ホコ天』から人の生活を見つめる 歩行者天国研究家・内海皓平さんに、歩行者天国の味わい方を聞いてきた」

 

TBS番組表によると、「マツコの知らない世界 歩行者天国の世界」では、現代人の背徳感満たすホコ天や絶滅の危機に瀕していると言われているホコ天の実態などを紹介してくれるようです。