【マツコの知らない世界】長野県飯田市の梨(ナシ)は通販(お取り寄せ)できる?【幸水・豊水・南水・フルーツ】

10月13日に「マツコの知らない世界 フルーツの世界」が放送されます。ゲストは12年間フルーツしか食べていないフルーツ研究家の中野瑞樹(なかの みずき)さん。

放送では、梨(ナシ)、柿(カキ)、ミカンといった様々な晩秋フルーツ(果物)を紹介してくれるといいます。

次回予告で流れた映像では、マツコさんが長野県飯田市(いいだし)の梨と思われるものを食べていました。

 

長野県飯田市で栽培されている梨が気になったので調べてみたところ、幸水梨(こうすいなし)・豊水梨(ほうすいなし)・南水梨(なんすいなし)などの種類がありました。

それぞれの梨の特徴や通販(お取り寄せ)できるのか調べてみました。

 

追記:番組で紹介された梨は新高(にいたか)でした。新高については情報を調べ次第更新していく予定です。

 

※この記事では、番組の告知から放送される情報・商品を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。



長野県飯田市でも栽培されている幸水・豊水・南水ナシ

長野県は梨の産地として有名で、幸水・豊水・南水なしなどを栽培しています。

たとえば、飯田市にある「篠田農園(しのだのうえん)」では幸水や南水、「山水園(さんすいえん)」では幸水や豊水、南水などを栽培されています。

幸水ナシ(こうすいなし)

幸水梨は、日本で一番多く栽培されている品種。関東地方での収穫時期は8月上旬頃~中旬。

味は、甘味・果汁が多く、シャキシャキとした食感が特徴とのこと。

果実は黄緑色~かっ色。大きさは約250g~450g。

 

ちなみに、12年間フルーツしか食べていないフルーツ研究家の中野瑞樹さんによると、幸水は大きく、瑞々しく、甘くてとても美味しい、とのことです。

豊水ナシ(ほうすいなし)

豊水ナシは、幸水の次に多く栽培されている品種です。関東地方での収穫時期は8月下旬~9月上旬。

非常に多汁で、甘味の中にさっぱりとした酸味があるのが特徴とのこと。

果実の色は黄色~赤かっ色。大きさは約250g~500g。


産地厳選 豊水梨 約5kg 大きさお任せ(Amazon)
※飯田市で栽培されたものも含まれるかは不明です

南水ナシ(なんすいなし)

南水ナシは、長野県南信農業試験場が1973年に「越後」と「新水」の品種を交配して作り上げた赤ナシ。

長野県の生産量は全体の約8割を占めており、収穫は9月下旬から始まるといいます。

果肉は滑らかで果汁も豊富。甘味が強く、酸味が少なめだということです。

果実の色は黄赤かっ色。大きさは約360g前後。

梨 長野産 南水梨(なんすい) 5kg 1箱 国華園(Amazon)
※飯田市で栽培されたものも含まれるかは不明です

<参考>
幸水、豊水…夏から秋まで楽しめる「梨」の品種ごとの違いって知ってた?(クックパッド)
旬の食材百科



長野県飯田市で栽培されている幸水・豊水・南水ナシは通販でもお取り寄せできる?

幸水・豊水・南水ナシはAmazonや楽天市場でも販売されています。

長野県飯田市のものが含まれるかはわかりませんでしたが、長野県、岡山県、愛媛県、熊本県産などが販売されていました(品種により産地は異なります)。

ギフト(贈呈)用のものから、傷みなどの訳ありで安くなっているものもあるので、気になる品種は以下のリンクから検索してみてください。

 

(上記の情報は2020年10月8日時点のものです。ネットショップでの取り扱い状況や値段は変動する場合があります)

 

 

 

 

※この記事では、番組の告知から放送される情報・商品を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。