インスタントカメラ・米原さんの年齢や出身地。カメラを始めたのはいつから?【マツコの知らない世界ゲスト】

2021年2月9日放送の「マツコの知らない世界」は「若者カルチャースペシャル」。

テーマのひとつは「インスタントカメラの世界」で、ゲストはインスタントカメラ(チェキ)写真家の米原康正(よねはらやすまさ)さんです。



インスタントカメラ・米原さんの年齢や出身地

米原康正さんは1959年生まれ(2021年で62歳)。熊本県出身。若者のファッションやカルチャーを追い続けている写真家。世界で唯一、チェキ(インスタントカメラ)をメイン機材とするアーティストとして知られています。

<参考> 米原康正 公式サイト

写真を撮り始めたのは42歳からで、現在は活動の場をアジア・欧米にまで広げています。とくに、中華圏での人気が高いとのこと。

<参考> 米原康正 公式サイトOMOHARAREAL:米原康正「若者に最初で最後のお願い」

 

インスタントカメラの世界(2017年)で紹介されたインスタントカメラ

2017年5月放送の「マツコの知らない世界 インスタントカメラの世界」では、以下のインスタントカメラなどが紹介されました。

  • “チェキ” instax mini 90 ネオクラシック(富士フィルム)
  • ライカ ゾフォート(ライカ)
  • Polaroid Snap(Polaroid)

<参考> マツコの知らない世界 放送アーカイブ

 

Amazonなどで販売されているものもあるので、気になる方はチェックしてみてください。