【マツコの知らない世界】森田釣竿の年齢や鮮魚泉銀(いずぎん)の場所は?本名は公表?【さかなクン】

2021年4月13日の「マツコの知らない世界」は「春の美味しいお魚の世界」。ゲストのさかなクンが東京湾の魚などを紹介してくれます。

また、「鮮魚 泉銀(いずぎん)」店主の森田釣竿(もりたつりざお)さんも登場予定とのこと。さかなクンとも交流のある料理人だそうです。年齢などを調べてみました。

 

※この記事では、番組の告知から放送される情報を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。



森田釣竿さんの年齢や本名、結婚など

2021年4月13日放送の「マツコの知らない世界 春の美味しいお魚の世界」には、森田釣竿さんも登場し、魚料理を披露してくれるようです。

 

森田さんは1974年5月18日生まれ(2021年で47歳)。千葉県浦安市出身。本名非公表。浦安にある魚屋「鮮魚 泉銀(いずぎん)」三代目店主を務めています。
(参考:ぴいぷる(ZAKZAK)「森田釣竿」

このほか、「枕崎鰹節大使」や水産庁の「お魚かたりべ」にも任命されています。森田さんインスタより)

結婚されており、息子さんがいるようです。森田さんインスタより)

 

森田さんは魚屋店主を務めるかたわら、フィッシュロックバンド「漁港(ぎょこう)」でヴォーカル・包丁を担当しています(「港」を反転させた文字が正式表記)。

2000年に結成され、04年にメジャー・デビュー。合言葉は「日本の食文化を魚に戻し鯛!」。

マグロをさばくパフォーマンスが特徴で、08年には日本武道館でライブを行い、武道館ではじめてマグロをさばいたバンドとなりました。森田さんインスタより)

 

鮮魚 泉銀(いずぎん)の場所

鮮魚 泉銀(いずぎん)

千葉県浦安市堀江3丁目25−1

 

森田さんはもともと、浦安市場にある家業の場内店をやっていたそうですが、減り続ける魚屋の現状に憂えて、浦安の町なかに魚屋をオープンしたのだといいます。
(参考:【魚のプロ・森田釣竿氏に教わる】絶品すぎる「アジのりゅうきゅう」のつくりかた 【超シンプル】

 

 

「マツコの知らない世界 春の美味しいお魚の世界」は2021年4月13日放送です。

 

※この記事では、番組の告知から放送される情報を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。