柏原芳恵はマツコの知らない世界にも登場。デビューした年や曲は?【80年代アイドル・卒業ソングの世界】

2016年に放送された『マツコの知らない世界 卒業ソングの世界』では、ゲストの音楽プロデューサー・冨田明宏(とみたあきひろ)さんが様々な名曲を紹介してくれました。

サプライズゲストとして、80年代アイドルのひとり・柏原芳恵(かしわばらよしえ)さんがスタジオに登場。マツコさんの前で、『春なのに』を熱唱してくれました。



柏原芳恵はマツコの知らない世界にも登場。デビューした年や曲は?

柏原芳恵さんは1965年(昭和40年)10月1日生まれ。

1979年10月(当時中学2年)、『スター誕生!』(日テレ系)決戦大会で最優秀賞を獲得。翌年6月1日、『No.1』でデビューを果たしました(当時は柏原よしえ名義)。

デビュー2年目の1981年には、『ハロー・グッバイ』で初のオリコンベスト10入りを果たしたほか、『日本レコード大賞』では『ゴールデンアイドル賞』を受賞するなど、数々の賞に輝いています。

ちなみに、若き頃の天皇陛下(当時は浩宮親王)も柏原芳恵さんのファンを公言しており、1986年に開かれたデビュー7周年リサイタルには、『プリンセス・サヤコ』というピンクの薔薇を東宮御所の庭から一輪切り取って持参し、プレゼントしたそうです。柏原さんはお礼として、サイン入りの写真集を贈ったといいます。
(参考:FREEBOARD RECORDSNEWSポストセブン「天皇陛下もファンを公言していた「柏原芳恵」の功績」encore「IDOL DIRECTORY」

 

『マツコの知らない世界 卒業ソングの世界』(2016年2月放送)では、マツコさんが好きな昭和の卒業ソングとして、斉藤由貴さんの『卒業』と柏原芳恵さんの『春なのに』を挙げたところ、サプライズゲストとして柏原芳恵さんが登場。

中島みゆきさんが作詞・作曲を担当した『春なのに』を熱唱したほか、『ハロー・グッバイ』『カム・フラージュ』『最愛』など、柏原さんが『ザ・ベストテン』に出演した時の懐かしい映像も紹介されました。
(参考:TVerPLUS「嵐、EXILEなどJ-POPが卒業ソングの定番に『マツコの知らない世界』で驚きの調査結果」

 

音楽を聴くならAmazon Music Unlimitedがおすすめ

.

Amazon Music Unlimitedは、約9,000万曲が聞き放題のサービスです。
(PCからの場合、右上の「ウェブプレイヤーを開く」から配信楽曲を検索できます)

.

詳細はこちら↓

.