【マツコの知らない世界】まりこふんの本名や年齢。古墳の本も執筆【古墳シンガー】

2021年7月20日に「マツコの知らない世界 古墳の世界」が放送されます。ゲストは歌手のまりこふんさん。

古墳シンガーとしても活動しており、古墳をテーマにした曲を作ったり、ガイドブックを販売したりしています。

まりこふんさんの本名や年齢【古墳シンガー】

以下の参考記事によると、まりこふんさんは砂川麻里子という名前のようです。2011年で32歳とのことなので、2021年での年齢は42歳前後ということになります。

まりこふんさんが古墳にはまったきっかけは、古墳をテーマにしたアニメ番組(2009年)とのこと。古墳について調べていくうちに直接見たくなり、ライブ先などで古墳を巡るようになっていったといいます。

まりこふんさんは古墳の曲も作っており、たとえば、大阪府堺市にある仁徳天皇陵(大山古墳)を題材にした「麗しの仁徳陵」などがあります。
(参考:yomiDr.「[いとしの古墳](1)謎に興奮、ロマンに夢中」

 

2013年には、”古墳をゆるく楽しく愛でる”をモットーに「古墳にコーフン協会」を設立し、会長を務めています。今までに巡った古墳は3,000基以上もあるそうです。

2014年より、はとバス主催の「まりこふんと行く古墳バスツアー」を毎年開催しているそうです。
(参考:古墳にコーフン協会 会員名簿

 

まりこふんさんは古墳の本や曲なども販売しています。

(試し読みできます)

 

 

ちなみに、まりこふんさんのお気に入り古墳のひとつは、熊本県山鹿市にあるチブサン・オブサン古墳だそうで、放送でも紹介される予定です。
(参考:山鹿探訪なび インスタ

放送ではこのほかにも、デザイン性の高いものや、不思議な造りが妙に気になるカワイイ古墳のほか、発見されてから40年以上も手付かずとなっていた島根県の古墳探訪にカメラが密着取材するそうです。

(参考:テレビドガッチ「3000基以上巡り歩いているシンガー、古墳の魅力を語る!」

 

「マツコの知らない世界 古墳の世界」は2021年7月20日放送。どのような古墳が紹介されるのか注目です。