国道16号線・柳瀬さんの年齢や大学。なぜ国道16号線にはまった?【マツコの知らない世界】

2021年11月30日の「マツコの知らない世界」のテーマのひとつは国道16号線。ゲストは東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授の柳瀬博一(やなせひろいち)さんです。

放送では、柳瀬さんが国道16号線の歴史やグルメ、エンタメなどを紹介してくれます。

柳瀬さんは国道16号線に関する本を執筆するほどのマニア。国道16号線にはまったのは理由があるそうです。

柳瀬さんの年齢や大学など

柳瀬博一さんは1964年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、日経マグロウヒル社(現・日経BP社)に入社し、雑誌「日経ビジネス」の記者や書籍の編集者を務めていたそうです。

(参考:新潮社

 

2018年より東京工業大学の教授として、メディア論を教えています。

ラジオパーソナリティとしても活躍しており、TBSラジオ「柳瀬博一・Terminal」では、メインパーソナリティを務めていました。

柳瀬さんはなぜ国道16号線にはまった?

そんな柳瀬さんは国道16号線に関する本を執筆するほどの国道16号線マニアです。

国道16号線は神奈川の横須賀から東京、埼玉を経て千葉の富津(ふっつ)を結ぶ環状道路で、全長は330キロほど。

神奈川・埼玉・千葉の県庁所在地を通っているにもかかわらず、東京圏内では郊外を通るのみという面白い道路で、柳瀬さんいわく、「(国道16号線は)さまざまな自然、文化、文明、経済、軍事、いろいろなものが折り重なっている極めてユニークな場所で、それを掘り下げていくと、ある意味で日本という国の文化や経済、どうやってできたのかが非常に象徴的に分かる道路」なのだそうです。

柳瀬さんは大学在学中に、進化生態学者で慶應義塾大学名誉教授の岸由二先生に弟子入りし、毎月のように岸先生のもとへ通うようになったそうです。そのときに国道16号線を必ず通っていたそうで、柳瀬さんが活動する中心の場所になっていったのだとか。

また、国道16号線が”日本のシルクロード(横浜から八王子を結ぶルート)”や横須賀軍港の設立に大きく関わっていることなどに気づいて面白いと感じ、90年代から20数年間にわたり、国道16号線に関するあらゆる情報を集めていったといいます。

(参考:VOOX「【書き起こし】柳瀬博一さん「国道16号線から日本が見える」」

 

 

 

「マツコの知らない世界 国道16号線の世界」は11月30日放送。もうひとつのテーマは「カボチャ」です。

>>カボチャ店主・宮本さんの店の場所やメニューは?【マツコの知らない世界・カボチャスイーツ・世田谷】