マツコが食べたマジ中華は木桶ご飯や薬膳スープなど【ホフディラン小宮山・マツコの知らない世界】

『マツコの知らない世界 マジ中華の世界』(2022年5月放送)では、ホフディランの小宮山雄飛さんが、ディープな中華料理店の数々を紹介してくれました。

マジ中華とは、中国人が中国人向けにやっている本格中華料理の店で、日本語が通じない、メニューに日本語表記がないことなどが特徴。小宮山さんいわく、店に入るときは緊張するものの、小旅行気分を味わえるのが楽しいとのこと。

マツコさんは「外国に行ってる空気感みたいなものは味わってみたいと思うけど(問題は)味だよね」と不安だったようですが、スタジオで試食したマジ中華はいずれも絶賛していました。

マツコが食べたマジ中華は何?

『マツコの知らない世界 マジ中華の世界』では、以下のお店の料理をマツコさんが試食していました。

  • 湘遇 TOKYO(しょうぐうとうきょう)
    辛味と鶏肉炒めと木桶ご飯(ラーチャオジーディンムートンファン)
  • 食府書苑(しょくふしょえん)
    薬膳汽鍋鶏スープ(ヤオサンチーゴージ)
  • 楽串(らくくし)
    鉢鉢鶏(ボーボージー)

 

(値段などの店舗情報は2022年5月時点のものです)

湘遇 TOKYO(しょうぐうとうきょう)

高田馬場駅より徒歩約5分の場所にある「湘遇 TOKYO」は湖南料理専門店。2020年12月オープン。

辛味と鶏肉炒めと木桶ご飯(ラーチャオジーディンムートンファン)」は、ランチのみ提供で値段は980円。

木桶の中に白米や唐辛子炒めなどが入っており、混ぜていただきます。

湖南料理は四川料理よりも辛いと言われていますが、辛さはオーダーで変更可能(ただし、言葉が通じないことも・・・)。

マツコのコメント

  • これ美味い
  • 想像しているより日本人でも食べやすい味
  • (店が)近かったらヘビーユーザーになると思う

 

>>食べログで「湘遇 TOKYO」をチェック

 

食府書苑(しょくふしょえん)

池袋駅前にある「食府書苑」は、フードコートの隣に本屋が併設されている珍しいお店。2021年6月オープン。

西南料理、雲南料理、湖南料理など様々な地域の料理を提供しています。

薬膳汽鍋鶏スープ(ヤオサンチーゴージ)」は野菜と鶏肉を無水で茹でてあり、味付けは塩のみ。5時間ほど煮込むので、一日70食ほどしか出せないとのこと。

別の小鉢にはもやしなどが入っていて、スープの鶏肉と一緒に食べたり、醬油をかけたりしていただきます。

値段は1,280円。

マツコのコメント

  • うんま!
  • すごい脂っこく見えるでしょ?めっちゃサッパリ
  • (小鉢のもやし)美味しい

 

このほか、紹介されていたのは「ユウボービャンビャンメン」(1,000円)。

 

>>食べログで「食府書苑」をチェック

 

同じビルの1階には「友誼食府(ゆうぎしょくふ)」というお店があり、こちらはフードコートと中国食材を販売するスーパーが併設されています。このお店も番組で紹介されました。

 

楽串(らくくし)

新小岩駅前にある「楽串」は、鉢鉢鶏(ボーボージー)専門店。2021年7月オープン。

鉢鉢鶏とは四川省の屋台料理で、竹串に刺した茹でた肉や野菜が、鉢に入ったラー油タレに漬け込んであります。

お店では冷蔵ケースの中に串が並んでいます。値段は1本130円。

マツコさんは厚揚げ、ウズラの卵、ブロッコリーなどをピックアップして試食。

マツコのコメント

  • 辛くない。美味しい。甘辛!
  • 思ったより冷たくない
  • 常温結構好きかも
  • 酒のつまみにいいわ
  • (ラー油タレは)しゃぶしゃぶのタレとか冷ややっこにかけたりとかいいかも。万能ダレな気がする

 

楽串のラー油は店内や店舗オンラインショップでも販売しています。

>>楽串 インスタ

 

このほか紹介されたお店は番組HPで確認できます。

 

 

 

関連記事

>>小宮山雄飛がマジ中華にハマったきっかけの店や初心者におすすめの店はどこ?