モンブラン・竿代さんの年齢や出身。作っている栗の品種は?【マツコの知らない世界・栗スイーツ】

2018年に「マツコの知らない世界 栗スイーツの世界」が放送されました。ゲストは竿代信也(さおしろしんや)さんです。モンブラン専門店「モンブランスタイル(Mont Blanc STYLE)」を経営しつつ、自ら栗を育てている栗職人です。

放送では、”10年間、栗のことしか考えていない男”と紹介されました。

(2021年6月8日の「北関東グルメSP」でも、「栗スイーツの世界」の一部が放送される予定です)



モンブラン・竿代さんの年齢や出身など

竿代信也さんは1970年兵庫県生まれ、千葉県育ち。モンブラン専門店「モンブランスタイル(Mont Blanc STYLE)」を運営しているほか、栗の栽培をおこなう農家でもあります。
(参考:モンブランスタイル オーナーシェフ

もともとは東京都内の企画デザイン会社で、大手航空会社のカタログ誌を長年担当してきたそうです。

プロデュースの依頼を受けた際に食べた「小田喜商店」の栗ペーストに衝撃を受け、「小田喜商店」の社長などにお願いし、いちから栗を学んだといいます。

2010年に茨城・笠間に加工品販売会社を共同で立ち上げるものの、翌年に東日本大震災が発生。「小田喜商店」社長から計画を白紙にもどそうと告げられたそうですが、「自分が全責任をとりますから」と腹をくくり、デザイン会社を退職したそうです。

2011年秋には、単独で東京・谷中に栗の加工品やスイーツを販売する「和栗や」をオープン。さらに2018年には「モンブランスタイル(Mont Blanc STYLE)」をオープンしました。

茨城・笠間にある農園では、幻の栗と呼ばれる「人丸」を無農薬・無肥料で育てています。

(参考:朝日新聞DIGITAL「本物の味追求 震災経て和栗店 竿代信也さん(50)」

 

「モンブランスタイル」では、たっぷりの栗を軽やかな食感で食べてもらうため、空気をしっかり含ませた絞りたてを提供。風味がとても繊細で時間と共に消えてしまうため、持ち帰りはできないそうです。

(参考:ヒトサラ「モンブランスタイル(Mont Blanc STYLE)」

 

モンブランスタイル(Mont Blanc STYLE)

東京都渋谷区富ケ谷1-3-3

 

「モンブランスタイル」は行列のできる有名店でしたが、2021年3月より、完全会員制のお店となりました。