【マツコの知らない世界】森山直太朗を無料で聴く方法は?彼が音楽を始めたきっかけは?【歌姫の世界】

2021年3月23日の「マツコの知らない世界」は春の2時間スペシャル。「歌姫の世界」では、ゲストの森山直太朗(もりやまなおたろう)さんが、この春聴いてほしい歌姫の歌声を語ります。

音楽一家のもとに生まれた森山さんですが、子供のときはサッカー少年だったそうです。音楽活動をするに至った経緯を調べてみました。



森山直太朗がサッカーから音楽の道へ進んだきっかけ

森山直太朗さんは1976年4月23日東京都生まれ(2021年で45歳)。大学時代に楽曲作りを開始。2002年にメジャーデビュー。翌2003年の『さくら(独唱)』が大ヒット。
森山直太朗 公式サイトより)

森山さんの父親は元歌手のジェームス滝、母親が歌手の森山良子、祖父はジャズトランペッターの森山久。そんな音楽一家の家庭に生まれた森山さんですが、小学校からずっとサッカーに夢中になっていたそうです。小・中・大とサッカーを続け、中・高では、サッカー部の主将をつとめるほどだったとか。

プロサッカー選手を夢みるほどでしたが、大学生のとき、「同じ環境にずっと居座り続けると、いつか煮詰まってしまう。サッカーを嫌いになったわけではなく、向き合えば向き合うほど、同じ環境にいちゃいけない」、「この楽しさに浸かってたら良くない」といった様々な気持ちが芽生えるようになり、サッカーをやめることを決意したそうです。

音楽を始めた2~3年のうちは、吉祥寺の井の頭公園や、実家がある代々木上原の駅前などで路上ライブをおこなっていたそうです。

<参考>
Flow:第四十五回目「拓哉キャプテン × 森山直太朗」Part2
食卓ON楽:「生きてることが辛いなら/森山直太朗」

 

森山直太朗さんが各地で弾き語りをするYoutubeチャンネルも2021年に開設されました。

>>森山直太朗のにっぽん百歌(Youtube)

 

森山直太朗の曲を聴くならAmazon Music Unlimitedがおすすめ

Amazon Music Unlimitedは、森山直太朗さんの曲など7,000万曲が聞き放題のサービスです。
(2021年3月時点。PCからの場合、右上の「ウェブプレイヤーを開く」から配信楽曲を検索できます)

 

詳細は以下のリンクより確認できます。

 

この記事の情報は2021年3月時点のものです。