荻野目洋子はマツコの知らない世界でも紹介。ダンシングヒーローは近年再ブレイク【80年代アイドル】

『マツコの知らない世界 振り付けの世界』(2015年放送)では、荻野目洋子(おぎのめようこ)さんの曲の振り付けも担当したことがある三浦亨(みうらとおる)さんがゲストとして登場しました。

荻野目洋子さんは15歳の時にシングル『未来航海-Sailing-』でデビューした80年代アイドルのひとり。

ヒット曲のひとつが、三浦さんが振り付けをした『ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)』です。近年再ブレイクしているのだとか。



荻野目洋子はマツコの知らない世界でも紹介。ダンシング・ヒーローは近年再ブレイク

荻野目洋子さんは1968年12月10日生まれで4人兄弟の末っ子。

歌手としてのデビューは1984年(当時高校1年)で、デビュー曲は『未来航海-Sailing-』。17歳でリリースした7枚目シングル『ダンシング・ヒーロー』で初のベストテン入りを果たし、翌年(1986年)に出されたアルバム『ノンストッパー』でオリコン年間売上1位を取りました。

私生活では、プロテニスプレーヤーの辻野隆三さんと結婚し、3人の娘さんを育てています。
(参考:荻野目洋子 公式サイト

 

デビュー当時のキャッチフレーズである”ハートは、まっすぐ。”の名付け親は、コピーライターの糸井重里さん。

ニックネームの”荻野目ちゃん”が生まれたきっかけは、テレビ番組で初めて会った片岡鶴太郎さんに呼ばれたことからだそうです。
(参考:ENCOUNT「荻野目洋子「こんな大人になりたくない」 新人時代のホロ苦い経験が私を強くした」

 

『マツコの知らない世界 振り付けの世界』にも出演した振り付け師の三浦亨さんは、荻野目さんの曲では『ダンシング・ヒーロー』や『六本木純情派』を振り付け。

『ダンシング・ヒーロー』に関しては、「マドンナを意識したステップ」なのだそうです。
(参考:Techinsight「【エンタがビタミン♪】荻野目洋子「私のダンシング・ヒーロー」 振付師・三浦亨さんとポーズ」

 

近年、『ダンシング・ヒーロー』はお笑いタレントの平野ノラさんや大阪府立登美丘高校ダンス部が楽曲として使ったことにより、再ブレイクしているそうです。
(参考:クランクイン!「荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」再ブレイク時、娘が驚いた意外な理由」

 

『ダンシング・ヒーロー』のMVなどは、荻野目洋子さんのYoutubeチャンネルでも配信されています。