埼玉うどん・永谷さんの年齢や出身。結婚はしている?【マツコの知らない世界ゲスト】

2020年7月に「マツコの知らない世界 埼玉うどんの世界」が放送されました。ゲストは”埼玉を日本一の「うどん県」にする会”会長の永谷晶久(ながたにあきひさ)さん。年齢や出身を調べてみました。

(2021年6月8日の「北関東グルメSP」でも、「埼玉うどんの世界」の一部が放送される予定です)



埼玉うどん・永谷さんの年齢や出身など

永谷晶久さんは1981年千葉県松戸市生まれ(2021年で40歳)。”埼玉を日本一の「うどん県」にする会”会長のほか、「東京大学うどん部(東大うどん部)」名誉顧問も務めています。

小学生で4回の転校を経験し、小学校6年生の時に埼玉県入間市に住むようになったそうです。
(参考:ちょこたび埼玉

 

31歳で埼玉出身の女性と結婚。埼玉うどんの魅力を知り、34歳(2015年)のときに「埼玉を日本一のうどん県にする会」を設立しました。
(参考:テレビドガッチ「まるでタピオカのようなモチモチ感のある麺も!?マツコ、埼玉うどんを食べ尽くす『マツコの知らない世界』」

うどんに特別な思いはなかったそうですが、埼玉県のうどん生産量が全国2位だとテレビで紹介されたのを見て、「頑張れば1位になるかも」と興味を抱いたのが設立のきっかけだそうです。(参考:SankeiBiz「武蔵野・加須・川幅…うどん生産量2位の埼玉が「うどん県」をPR」

 

 

永谷さんは埼玉うどんに関する本も執筆しています。