【マツコの知らない世界】ピノ・ガール(スイカ)の値段はいくら?甘さはどれくらい?【種まで食べられる】

8月18日に『マツコの知らない世界 スイカの世界』が放送されます。ゲストはこれまでに1000玉以上のスイカを食べてきたという佐藤洸(さとう たける)さん。

番組では、「16年開発したタネまで食べれる革命児スイカ」というものも紹介してくれるといいます。気になったので調べてみたところ、品種改良に16年かけて生まれた、タネごと食べられる「ピノ・ガール」というスイカを見つけました。

「ピノ・ガール」の特徴や値段を調べてみました。

 

※この記事では、番組の告知情報から放送される商品を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。



種まで食べられるスイカ「ピノ・ガール」とは

ピノ・ガール」は、ナント種苗株式会社が16年の歳月をかけて完成させた、タネまで食べられる革新的なスイカです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ナント種苗株式会社(@nantoseed)がシェアした投稿

 

タネの大きさが通常のスイカの4分の1ほどしかなく、噛んでもチョコチップのようにやわらかいのが特徴です。そのため、食べていてもタネの存在をほとんど感じることがなく、タネの苦みなどもないといいます。タネには、ミネラル、ビタミン、脂肪酸、タンパク質が豊富に含まれています。

重さは一玉1.5~2kgほどで、甘さと食感も優れており、糖度は平均して13度程度だということです(甘いスイカの糖度の目安は12度~)。

タネを意識せず、思いっきり頬張れるので、シャリシャリした食感を存分に堪能できるのもうれしい点です。

 

まさに「スイカを食べたいけど、タネを取り出すのが面倒だから敬遠しがち」という悩みを解決した革新的なスイカといえます。

(参考:Makuake豊洲市場.com楽天市場)

「ピノ・ガール」の値段はいくら?

豊洲市場.com によると、「ピノ・ガール」は一玉1,300円~1,800円ほどで販売されていました(2020年8月13日時点では、在庫はありませんでした)。

 

ちなみに、楽天市場では「ピノ・ガール」のタネが販売されていました。値段は6粒で税込750円。

 

※この記事では、番組の告知情報から放送される商品を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。