【マツコの知らない世界】善財童子立像がある安倍文殊院の場所やアクセスなど。作者は誰で造られたのはいつ?

8月18日に『マツコの知らない世界 仏像の世界』が放送されます。ゲストは17歳の高校生にして、仏像をつくる「仏師」を志す宮沢汰佳(みやざわ たいが)さん。

番組では、「安倍文殊院(あべもんじゅいん)」が所蔵する「善財童子立像(ぜんざいどうじりゅうぞう)」も取り上げます。

「善財童子立像」が造られた時期や「安倍文殊院」の場所などを調べてみました。

『マツコの知らない世界』8/18(火) 夏の定番フルーツ!! スイカ&表情を楽しむ!! 仏像の世界【TBS】



 

「安倍文殊院」が所蔵する「善財童子立像」とは

「善財童子立像」は、奈良県にある「安倍文殊院」が所蔵する仏像で、2013年に国宝にも指定されています。そのあどけなさや特徴的なポーズから、仏像をよく知らないけど見たことがある、という人も多いです


画像出典:安倍文殊院

 

「安倍文殊院」の創建は、「大化の改新」が起きた大化元年(645年)と、日本で最も歴史のある寺のひとつ。 本尊である文殊菩薩は「三人寄れば文殊の知恵」の格言で知られている、知恵を象徴する仏様です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

安倍文殊院/Abemonjuin Temple(@abemonjuin)がシェアした投稿

 

「善財童子立像」は、「安倍文殊院」にある「渡海文殊群像」のうちの一体。獅子に乗る文殊菩薩のほか、善財童子ほか四人の脇士が仏教を広める旅の途中で海を渡る「渡海文殊」の場面をあらわしています。


画像出典:安倍文殊院

 

「善財童子立像」は、建仁3年(1203年)から承久2年(1220年)の間に、鎌倉時代前期の仏師、快慶によって造られた作品とされています。像の高さは約135cm。

善財童子は文殊菩薩の導きで識者を訪ねてまわり、智恵を得る菩薩であり、「渡海文殊群像」では、文殊菩薩に呼び止められて振り返っている姿が表現されています。

(参考:東京国立博物館和楽)

安倍文殊院へのアクセス

「善財童子立像」がある「安倍文殊院」への電車でのアクセスは以下の通りです。

  • 近鉄大阪線・JR桜井線「桜井駅」から徒歩20分、バスで約7分
    (駅にタクシー乗り場あり)

有料駐車場もあるとのことです(乗用車200台)。

>>安倍文殊院 HP アクセス

 

住所:奈良県桜井市阿部645

 

新型コロナウィルスの影響で拝観・祈祷などが中止になることがあるかもしれませんので、最新の情報は安倍文殊院HPなどで確認しておくことをおすすめします。

>>安倍文殊院 HP

 

「善財童子立像」はフィギュアにもなっているので、気になる方はチェックしてみてください。

 

※この記事では、番組の告知情報から放送される商品を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。