【MEGA2021】メイウェザーの対戦相手は日本人?ルールはどうなるのか【東京ドーム】

ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー選手が、2021来2月28日に東京ドームで開催される格闘技イベント「MEGA2021」に参戦することが決定しました。



メイウェザーがMEGA2021に参戦決定。相手は日本人選手か

ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー選手が、2020年11月16日に神奈川・横浜市内のホテルでリモート会見をおこない、新設の格闘技イベント「MEGA2021」に参戦することを発表しました。

MEGA製作委員会の代表取締役・職務執行責任者の徳弘浩平さんは同日の会見で、「対戦相手は日本人選手を考えている。歴史ある東京ドームでの大会なので、盛り上がるカードにしたい」と述べ、日本人の格闘家から選定していく方針だということです。

試合ルールに関しては、「相手が決まっていないので決まってから考えたい。ルールは非常に大事なので、双方が納得する形にしたい」とのこと。

メイウェザー選手は会見において、以下のようにコメントしています。

 リモート会見に臨んだメイウェザーは「日本のファンの皆様、東京のファンの皆様、とにかくお礼を言いたい。自分のことを覚えてくれていてありがとう」とコメント。さらにこう続けた。

「今はどんな相手か見当はついていない。とにかく東京に行くのが楽しみだ。素晴らしい試合が組まれてきた場所なので、とにかく日本のファンを楽しませるために日本に行きたい。(対戦相手について)現在は世界がコロナ禍で目の前のことに忙しくてそんなに注目できていないけど、とにかく東京の文化や食べ物も好きなので、早く東京に行って何かできたらいい」

(出典:THE ANSWER)

 

フロイド・メイウェザー選手は1977年2月24日生まれ。アマチュア時代にアトランタ五輪で銅メダルを獲得し、1996年にプロデビュー。1998年、WBC世界スーパーフェザー級王座獲得など、プロボクシングで50戦全勝し、史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成しています。

2015年に行われたパッキャオ選手(フィリピン)と対戦は「世紀の一戦」と称され、大きな話題になりました(結果はメイウェザー選手の判定勝ち)。

2018年の大みそかには、日本で那須川天心(なすかわてんしん)選手と対決。ボクシングルールで行われたスーパーエキシビジョンマッチは、メイウェザー選手が1回TKOで勝利しています。

 

<参考>
メイウェザーの相手は「日本人」 階級、ルールはどうなる…主催者「双方納得の形に」(THE ANSWER)
メイウェザーが来年2月28日に東京ドームで格闘技イベント「MEGA 2021」を開催(TOKYO HEADLINE)
5階級制覇王者メイウェザー 2・28東京ドームでイベント開催(スポニチアネックス)

 

上記の情報は2020年11月時点のものです。