芽吹き屋の黒豆塩大福は通販でも販売。マツコの知らない世界でも紹介【冷凍食品・お取り寄せ】

2022年4月に放送された『マツコの知らない世界 冷凍食品の世界』では、冷凍麺からパン、スイーツなど数々の冷凍食品が紹介されました。

冷凍スイーツでは、岩手県にある老舗和菓子店「芽吹き屋」の「黒豆塩大福」も登場。マツコさんも実食し、冷凍食品とは思えないそのもちもち感に驚いていました。

 

マツコも食べた芽吹き屋の黒豆塩大福は通販(お取り寄せ)でも販売

岩手県にある「芽吹き屋」は、1978年に日本で初めて冷凍和菓子を販売した老舗店として知られています。地元の学校では給食のデザートとして出てくる、有名なお店だそうです。

通年で売られている定番商品のひとつ「黒豆塩大福」には、岩手県産の黒平豆、あんには北海道産小豆を使用した塩つぶあんが使われています。

独自の冷凍技術により、解凍しても出来たての食感や味を楽しめます。

冷凍食品にもかかわらず、つきたてのお餅のように皮がモチモチなのが特徴。以下インスタの2枚目の動画でも確認できます。

 

マツコのコメント

  • (モチモチ感が)すっごいよ
  • さっきそこでついたみたいなお餅
  • 日本中これになるわよ、お正月

 

解凍時間は常温で約2時間(室温25℃の場合)が目安。半解凍で食べても違った食感になっておいしく食べられるのだそうです。

「芽吹き屋」公式オンラインショップでの値段は3個入りで540円。(送料除く)

このほかに、「くるみ大福」や「よもぎ大福」などがあります。

>>芽吹き屋 公式オンラインショップ

 

 

 

この記事の情報は2022年4月時点のものです。