【文科省】学びの継続のための緊急給付金の額はいくら?対象者は?【学生支援・コロナ】

萩生田光一文部科学大臣は5月19日に記者会見をおこない、新型コロナウィルスの影響で収入減に陥っている学生を支援するため、「学びの継続のための緊急給付金」を設立すると発表しました。



文科省が「学びの継続のための緊急給付金」を設立

萩生田文部科学大臣は、新型コロナの影響でアルバイト収入の激変し、困窮している学生への救済措置として、「学びの継続のための緊急給付金」を立ち上げると発表しました。

困窮化により大学などを中退せざる得ない事態を想定しており、約43万人が対象ということです。

給付金や対象者は以下の通り。

  • 給付額:住民税非課税世帯は20万円、それ以外の学生には10万円
  • 対象者:国公立、私立大学や専門学校の学生(大学院生、留学生、日本語学校含む)で、新型コロナの影響で収入が激減した者
  • 予算:約530億円(第一次補正予算の予備費などから)

学校に募集と推薦をしてもらい、学生は学校に申請し、日本学生支援機構を通じて現金を給付してもらう仕組みになるだろうということです。

もともと、文科省はコロナで困窮している学生支援に第一次補正予算で7億円を計上していましたが、与野党などから「支援対象が狭い」と批判があり、今回追加の支援を決めたという経緯があります。
(参考:朝日新聞デジタル)

 

 

この記事の情報は2020年5月19日の文科省の会見をまとめたものです。最新の情報は文科省HPなどで確認をお願いします。