原尻の滝(道の駅)のご当地ソフトクリームの値段は?【道の駅はマツコの知らない世界でも特集】

大分県にある「原尻の滝(はらじりのたき)」は”東洋のナイアガラ”とも呼ばれている観光スポットで、近くには道の駅もあります。

道の駅の定番のひとつといえばソフトクリームですが、道の駅「原尻の滝」でも様々なご当地アイスクリームを販売しているようです。

 

ちなみに、TBSの情報バラエティー「マツコの知らない世界」でも道の駅が特集されたことがあるので、番組HPなどをチェックしてみるのもおすすめです(ゲストは1,100か所以上の道の駅を巡ったという女性、平賀由希子(ひらがゆきこ)さん)。

原尻の滝(道の駅)のご当地ソフトクリームの値段は?

大分県の豊後大野市にある「原尻の滝」は高さ約20m、横幅約120mあり、”東洋のナイアガラ”とも呼ばれており、大分県百景や日本の滝100選にも選ばれている観光スポットです。

アクセスはJR緒方駅から車で約10分ほど。吊り橋「滝見橋」を渡って滝の周りを一周することもでき、上から滝を見下ろしたり、滝つぼを歩いたりして楽しめます。

駅周辺では、春にチューリップ祭り、夏に小松明(こだい)火祭り、冬に川越し祭りなどさまざまなイベントが開かれています。

近くにある道の駅「原尻の滝」の館内には「レストラン白竜」や「カフェ游」があります。お土産を売っている「滝の館」では、かぼすを使った製品や緒方米(ひのひかり)といった地元の特産品を販売しています。

ソフトクリームも販売しており、「原尻の滝」オリジナルソフトクリームとして、以下のようなものを販売しているようです(いずれも税込)。

  • はちみつカボスソフトクリーム:350円
  • ブルーベリーソフトクリーム:350円
  • キャラメルサンデー:400円
  • きな粉わらび餅ソフトクリーム:400円

(参考:道の駅 原尻の滝道の駅 原尻の滝 ファーストフードコーナー 最新の情報とは異なる場合があります)

 

車でのアクセスは朝地ICから約15分で、駐車場は200台とのこと。
(参考:大分県観光情報公式サイト「道の駅 原尻の滝」

 

道の駅「原尻の滝」の営業時間などは公式サイトで確認できます。

>>道の駅 原尻の滝 公式サイト

 

 

 

(Kindle版。試し読みできます)