ピンクパンサーのテーマはマツコの知らない世界でも紹介。作曲はヘンリー・マンシーニ【映画音楽の世界】

12月6日に『マツコの知らない世界 映画音楽(えいがおんがく)の世界』が放送されます。映画のサントラでDJをしているサントラ・ブラザースの3人が名曲や名作曲家について語ります。

TBS番組表によると、『ピンクパンサー』の映画音楽も取り上げられるようです。

よく耳にする『ピンクパンサーのテーマ』はヘンリー・マンシーニによる作曲です。

 

※この記事では、番組の告知から放送される情報を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。

ピンクパンサーのテーマはマツコの知らない世界でも紹介。作曲はヘンリー・マンシーニ

ヘンリー・マンシーニが作曲した『ピンクパンサーのテーマ』は、1964年公開のアメリカ映画『ピンクの豹(原題:ピンクパンサー)』で生まれた曲です。

ヘンリー・マンシーニは1924年生まれで、若い頃には『スター・ウォーズ』のテーマなどで知られるジョン・ウィリアムズとも親交があり、大きな影響を与えたようです。

50年代~60年代にかけて100本を越す映画音楽に携わり、『ピーター・ガン(テレビドラマ)』ではグラミー賞を、『ティファニーで朝食を』の『ムーン・リヴァー』ではオスカー(アカデミー賞)を獲得しています。

このほかにも、『ひまわり』のテーマ、『刑事コロンボ』のテーマなど、多くの人が一度は耳にしたことのある名曲の数々を生み出しています。
(参考:SonyMusic「ザ・ベリー・ベスト・オブ・ヘンリー・マンシーニ」Udiscovermusic.jp「ジョン・ウィリアムズの映画音楽半生:フォースが彼と共にあらんことを」

 

ちなみに、『ピンクの豹』のオープニングに出てくるアニメのピンクパンサーは人気キャラクターとなり、独立した作品が作られるようになりました。

1964年の短編アニメ映画『ピンク騒動』で初の主役となり、アカデミー最優秀短編アニメーション賞を受賞しています。

デビュー間もなくして、雑誌「TIME」の表紙を飾ったこともあるのだとか。

ピンクパンサーは1964年4月11日生まれで、捕まえにくるクルーゾー警部を出し抜く、というのがお決まりの展開となっています。
(参考:「オシャレでキュート、ユーモアたっぷり。そしてアカデミー賞受賞!トレードマークの“ピンク”がもっと鮮やかに!『ピンクパンサー』が5月13日(木)よりHD初放送開始!」