ロッキーの映画音楽はマツコの知らない世界でも紹介?ロッキーのテーマの作曲はビル・コンティ

12月6日に『マツコの知らない世界 映画音楽(えいがおんがく)の世界』が放送されます。映画のサントラでDJをしているサントラ・ブラザースの3人が映画音楽の裏話などを語ってくれます。

次回予告(Youtube)には『ロッキー』のタイトルも映っていたため、紹介されるかもしれません。

『ロッキー』といえば『ロッキーのテーマ』が有名ですが、原題では『Gonna Fly Now』とも呼ばれているようです。

 

※この記事では、番組の告知から放送される情報を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。

ロッキーの映画音楽はマツコの知らない世界でも紹介?

『ロッキー』は1976年に公開され、当時無名だったシルベスター・スタローンを一躍スターへと変貌させた作品です。シリーズ化し、2006年の『ロッキー ザ・ファイナル』で幕を閉じましたが、スピンオフ作品として『クリード チャンプを継ぐ男』、『クリード 炎の宿敵』が製作されました。

初代『ロッキー』はシルベスター・スタローンが脚本を書き上げ、超低予算で撮影が始まったそうですが、結果的に、3億円の制作費で撮影されたロッキーは全世界で341億円の興行成績となりました。
(参考:日テレ THE 突破ファイル「超低予算で生まれた映画「ロッキー」 シルベスター・スタローンの熱意が生んだ突破劇」

 

ロッキーのトレーニングシーンなどで流れる『ロッキーのテーマ』は原題では『Gonna Fly Now』とも呼ばれており、アメリカの作曲家、ビル・コンティによる作曲。アカデミー賞では主題歌賞にノミネートされています。

ビル・コンティは『ロッキー』シリーズのほかにも、『007 ユア・アイズ・オンリー』、『ベスト・キッド』などの楽曲を手掛けています。
(参考:映画.com ロッキーIMDb Bill Conti