映画『スペース カウボーイ』宇宙のイーストウッドもかっこいい

映画

(この記事は一部ネタバレを含みますが、ラストのネタバレはありません)

 

一度でいいから宇宙に行きたい。そんな願いを持つのは、なにも若者だけではありません。「スペース カウボーイ」は、ひょんなことから宇宙へ行くことになった老人たちの物語です。
クリント・イーストウッドが監督・主演を務める映画は多々ありますが、宇宙ものは今作くらいなのではないでしょうか。

このワードにピンときたらおすすめ
宇宙 仲間 老人の意地 ”Fly me to the Moon”
U-NEXT




作品情報

クリックで開閉
作品名
(原題)
スペース カウボーイ
Space Cowboys
製作年 2000年
製作国 アメリカ
上映時間 130分
監督 クリント・イーストウッド
主演 クリント・イーストウッド
トミー・リー・ジョーンズ

サクッとあらすじ
・ 通信衛星にトラブル発生。このままだと地球に落下するため、衛星を軌道に戻す必要が生じる
・ システムが古すぎて設計したフランクにしか直せない
・ フランクはかつて共に宇宙飛行士を目指した仲間たちと宇宙に行くことを決意
・ いざ宇宙へ。しかし、トラブルが多発。衛星を軌道に戻せなくなる

豪華な俳優陣

メインキャストはクリント・イーストウッドトミー・リー・ジョーンズのほかに、ドナルド・サザーランドジェームズ・ガーナーという豪華メンバー。

ドナルド・サザーランドは多くの映画で主に脇役として出ていますが、海外ドラマ「24」のジャックバウアー役であるキーファー・サザーランドの父親と言ったほうがピンと来るかもしれません。ジェームズ・ガーナーは大脱走(1963年)などに出演していましたが、残念ながら2014年に他界しています。
映画公開当時の4人の平均年齢は実に65歳。年季の入った演技が見ものです。

年をとっても心は少年

1958年に遡るところから物語が始まります。フランク(演:クリント・イーストウッド)たち4人で結成されたチームダイダロスは、アメリカ初の宇宙飛行士になるはずが、計画が急きょ中止されてしまいます。彼らは憤りを感じながらも、技術者としての道を歩むことになりました。

そして舞台は40年余り経った現代へ。フランクのもとにNASA関係者が突然現れ、ソ連の通信衛星がおおよそ1か月後に地球に落下するが、システムが古すぎて設計したフランクにしか直せないから宇宙に行ってほしいと無茶苦茶なことを要求されます。

いろいろと納得のいかないフランクでしたが、最後は要求を飲み、かつてのチームダイダロスの仲間に声をかけます。機械技術の才能を活かし、ジェットコースターの設計士になったジェリー(演:ドナルド・サザーランド)、どういうわけか牧師に転向していたタンク(演:ジェームズ・ガーナー)。そして、飛行機の操縦に長けたホーク(演:トミー・リー・ジョーンズ)。

どんな映画でも、仲間が少しずつ増えていく展開はワクワクさせてくれるものです。

ついにチームダイダロスが40年の時を経て再結成され、宇宙に行くための訓練が開始されます。訓練シーンはコミカルに描かれており、専門用語が出てきてもあまり気になりません。いい年したじいさんがズルをしたり、子どもみたいな喧嘩をしているのはなんだかほっこりする一方で、若いもんに負けてられるかという気迫を感じます。

チームダイダロスはマスコミにも取り上げられるようになり、ちょっとした人気者になりますが、メンバーの一人であるホークに重大な事実が発覚。フランクは宇宙行きを一時断念しますが、仲間たちのサポートにより、改めて宇宙行きを決意します。

こうして、チームダイダロスは万を期していざ宇宙へ。といっても、目標は地球を回っている衛星なので、壮大な宇宙の旅が待っているわけではありません。それでも、フランクたちにとっては40年待ちに待った念願の宇宙であり、感動を隠せません。

目標の通信衛星とドッキングし、いざ修理を始めようとしますが、フランクはそれが通信衛星などではないことに気づきます。NASA管制室とのやり取りにより、衛星の正体や、なぜソ連の衛星にフランクの設計したシステムが組み込まれているのかという真相が明らかになります。そして、若手飛行士のミスによりトラブルが発生し、スペースシャトルが破損。さらには、衛星を軌道上に戻せなくなるという最大の問題に直面します。そんな絶望的な状況の中で、ホークがある決断を下します。

宇宙ものとして十分面白いのだが

チームダイダロスは4人ですが、フランクとホーク以外の2名があまり目立たなかったのが悲しい。物語上、必要不可欠の存在なのですが、やはりイーストウッドとトミー・リー・ジョーンズの個性が強いという印象。さらに、同伴した若者2名については、チームダイダロスの引き立て役かつ足を引っ張る役割でしかなかったのが残念です。やはり、同じ宇宙飛行士としてトラブルに立ち向かう姿も多少は見たかったかなと思います。

それでも、知識や常識ばかりで物事を語る若者たちを、長年の経験と勘で黙らせるあたりは見ていて痛快です。まさに「亀の甲より年の劫」を体現した映画と言えます。

最後に

老人がたった1か月の訓練で宇宙に行ったりするなど、あまりリアリティのある映画とは言えないかもしれません。それでも、老体にムチ打ってがんばっているおじいちゃんたちを応援したくなります。そして何より、宇宙服越しでもわかる俳優たちの渋さがたまりません。最後に”Fly me to the Moon”が流れるのも粋ですね。どうせ年を取るならこんな大人になりたいと思わせてくれる映画です。

 

スペース カウボーイ」は動画配信サイト U-NEXTで視聴可能です。
(本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。 )

U-NEXT
無料トライアルで 600円相当のポイントがもらえる!

.

U-NEXT.
見放題作品は 映画・ドラマ・アニメ など 9万本以上
☑ 1つの契約で4アカウントまで作れて家族でお得!
☑ 登録は5分で簡単

.