ターミネーターの映画音楽はマツコの知らない世界でも紹介?マツコはシュワと対面したことも

12月6日に『マツコの知らない世界 映画音楽(えいがおんがく)の世界』が放送されます。ゲストは映画のサントラでDJをしているサントラ・ブラザースの3人。

次回予告(Youtube)には『ターミネーター』のタイトルも映っていたため、紹介されるかもしれません。

マツコは過去にシュワちゃん(アーノルド・シュワルツェネッガー)と対面したこともあります。

 

※この記事では、番組の告知から放送される情報を予測してまとめています。放送内容によっては予測と異なる可能性もあります。

ターミネーターの映画音楽はマツコの知らない世界でも紹介?

『ターミネーター』といえば、”ダダンダンダダン”で始まるメインテーマ。

作曲しているのはブラッド・フィーデルで、ジェームズ・キャメロン監督作品では、『ターミネーター』シリーズ以外にも、『トゥルーライズ』の音楽も手掛けています。

『ターミネーター』のメインテーマの作成には2機のシンセサイザーが使われており、ブラッドはピアノで作曲してから金属音の鼓動にすることを検討したとのこと。

パーカッションをループさせたものをそれぞれのシンケサイザーに入れ、手作業で同期させようとしたものの、機材内蔵のメトロノームのタイミングが機材によって若干ズレてしまっていたそうです。しかし、ブラッドはそのぎこちなさも魅力に感じ、気に入ったのだとか。

ちなみに、“ダダンダンダダン”のリズムの頭に聴こえる”カァン”という金属音はフライパンを叩く音を録音したものだといいます。
(参考:THE RIVER「『ターミネーター』ダダンダンダダンのテーマ曲は、なぜ音が微妙にズレているのか」)

 

ちなみに、マツコは2015年に『マツコとマツコ』(日テレ)の企画において、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』PRのため、来日していたシュワちゃん(アーノルド・シュワルツェネッガー)と対面したことも。

マツコそっくりのマツコロイドというアンドロイドがシュワちゃんにインタビューするという企画で、最後にはマツコ本人がインタビュー部屋に登場。

シュワちゃんは興奮しながら、自身のスマホを取り出して、マツコとマツコロイドとの3ショットでセルフィー(自撮り)を撮ったのだとか。

マツコは「すごい鍛えていて、ゴツかった」、シュワちゃんも「この企画は素晴らしい!」とそれぞれコメントしています。
(参考:CinemaCafe.net「ターミネーター×マツコロイド、ビッグな初共演にシュワもゴキゲン!」