無印良品の飲料がアルミ缶へ。価格は実質値上げ?値下げ?【良品計画・ペットボトル】

「無印良品」が2021年4月23日より、全てのペットボトル飲料をアルミ缶素材に切り替えると発表しました。

対象商品は全12種類。内容量や価格、実質値上げになるのかを調べてみました。



無印良品のすべての飲料がペットボトルからアルミ缶へ

地球資源の循環化や廃棄物削減といった観点から、2021年4月23日より「無印良品」で扱っているすべてのペットボトル飲料がアルミ缶へ切り替わります。

一部商品はすでにアルミ缶に変更済みで、今回切り替えられるのは「ノンカフェイン グリーンルイボスティ」など12種の商品です。

商品名 容量 税込価格
ノンカフェイン グリーンルイボスティ 375ml 90円
ノンカフェイン 黒豆茶 370ml 90円
中国産茶葉使用 茉莉花茶 390ml 90円
果汁100%ソーダ りんご 280ml 190円
国産生姜使用 ジンジャエール 280ml 150円
など 参考:良品計画 ニュースリリース

 

切り替えに伴い、500ミリリットル入りで100円だったものが375ミリリットル入りで90円になるなど、内容量と価格が変更になりました。

内容量はお茶が500mlから350〜390mlに、炭酸飲料は350mlから280mlに減り、事実上値上げとなります。缶の型や生産工場の選択肢が少ないことが理由だそうですが、内容量などは今後見直していくとのこと。

アルミ缶は光を遮断するほか、炭酸ガスも抜けにくくなるため、賞味期限は伸びるということです。

<参考>
共同通信:無印良品、全飲料をアルミ缶に
FASHIONSNAP.COM:無印良品がペットボトル飲料をアルミ缶素材に切り替え 容量減で事実上の値上げ

 

無印良品の商品はAmazonの特設ページや楽天市場の公式ショップでも購入できます。