【長崎県松浦市】きらくのアジフライはニラソースも絶品。マツコも食べたその味は?

2022年5月に放送された『マツコの知らない世界 アジフライの世界』では、様々な名店のアジフライが紹介されました。

”究極の鮮度を追求した神アジフライ”として、アジフライの聖地である長崎県松浦市にある「焼肉・長崎ちゃんぽん きらく」も紹介され、マツコさんがスタジオで実食していました。

店主自らが朝早くに船を出し、釣ってきたアジをその日のうちに捌いて提供しています。付け合わせのニラソースも絶品とのこと。

【長崎県松浦市】きらくのアジフライはニラソースも絶品

長崎県松浦市にある「焼肉・長崎ちゃんぽん きらく」では、鮮度抜群のアジフライを提供しています。

店主が週数回、朝早くから自ら船を出して漁に行っており、釣れた魚は1時間以内に捌くのが店主のこだわり。釣れなかった場合は提供しないそうです。

松浦のアジは回遊しないいわゆる根付き魚で、エサが豊富な海に定着しているため、身がふっくらしており、脂もたっぷり含まれているのが特徴です。

「こだわりの一本釣りアジフライ定食(刺身付き)」の値段は1,180円。

付け合わせのニラソースは、醤油をベースとしてオイスターソース、ごま油などを混ぜたもの。濃い目の味付けですが、アジフライとの相性は抜群だそうです。

マツコのコメント

  • 優しい香りがする
  • アジの味が濃い
  • ニラソースおいしいね まろやかになる感じ
  • ニラソースをかけてもアジが負けない
  • ビールが余ったらこれ(ニラソース)でイケる

 

 

長崎県松浦市がアジフライの聖地なのはなぜ?

長崎県松浦市はアジの水揚げ量が日本一で、アジフライの聖地として知られています。

きっかけは、友田吉泰(ともだよしやす)市長が他県のアジフライを食べた際、松浦市のものとの味の違いにがく然としたことから。

2019年に松浦市をアジフライの聖地と宣言し、翌年には商標登録も完了しています。

「松浦アジフライ憲章」の制定、アジフライTシャツの作成、「アジフライの歌」(市長作詞作曲)の作成といった様々な活動の結果、いまでは市内には30店舗以上のアジフライ店があります。

また、市内には数々のアジフライモニュメントも置かれています。

ちなみに、アジフライは長崎県松浦市のふるさと納税返礼品にもなっており、楽天市場(楽天ふるさと納税)などでチェックできます。