成田ゲートウェイホテルのコロナ患者受け入れはいつから?場所はどこ?【千葉県森田知事会見】

千葉県の森田知事は4月16日に新型コロナウィルス関連の記者会見をおこない、宿泊施設の借り上げによるコロナ軽症者・無症状者の療養を実施することを発表しました。最初に千葉県が借り上げたホテルは「成田ゲートウェイホテル」です。



千葉県が軽症者などの療養先として成田ゲートウェイホテルを借り上げ

森田知事は「患者の急増により、新たな入院先の調整に時間を要することが増えてきた」として、新型コロナ重症患者への医療提供を確保するために、軽症者や無症状者は宿泊施設などでの療養を実施すると発表しました。

その第一段階として、「成田ゲートウェイホテル」の全館を一括で借り上げ、250室を用意できているということです。

成田ゲートウェイホテルはどこにある?

成田ゲートウェイホテルは、成田空港から車で約10分ほどの距離にあるホテルです。

住所:千葉県成田市大山658

成田ゲートウェイホテルへの新型コロナ患者の受け入れはいつから?

4月20日から、成田ゲートウェイホテルで新型コロナの軽症・無少女患者の受け入れを開始し、看護師による健康観察や医師による診察、県職員による生活支援を実施するとのことです。

成田ゲートウェイホテルの通常営業予定日は4月時点では未定だそうです。
(参考:成田ゲートウェイホテル お知らせ)

 

千葉県は2000室の確保を目標としているため、今後ほかの宿泊施設も療養場所に指定されるかもしれません。